またしても、病関係のネタになってしまった。
 
 
 
昨年7月頃の夜、右下の奥歯が激しく痛んだ。
 
このままの痛みが続くなら、翌日には歯科医に行こうと決断したほどの痛みだった。
 
歯磨きをすると血が出た。
 
こうした場合、血を出し切った方がいいと経験で知っていたので、ブラッシングを続けた。
 
すると痛みは軽くなり、翌日には収まった。
 
歯槽膿漏か歯肉炎が原因の歯痛だったようだ。
 
激しい痛みはこの1回だけだったが、その後も軽い痛みや不快感が忘れたころにやってきたので、
 
帰国したら歯科医でしっかり治療しようと思った。
 
 
 
なぜアルゼンチンで治療しなかったかというと、保険が効かないから。
 
我慢できない痛みなら背に腹は代えられぬが、そうでなければ節約する。
 
アルゼンチンでは、公立病院は無料で診療してくれる。
 
しかし大勢の患者が押し寄せて長時間待たされるし、予算不足で薬剤や設備が心もとない。
 
したがって中流階級のほとんどは、民間の健康組合に加入している。
 
それに入っていれば、提携している病院で無料や廉価で診てもらえる。
  
 
 
費用は、ホルヘの年齢だと、月額1万円ほど。
 
インフレの影響で、これもどんどん値上がりしている。
 
だからホルヘはこれに入らず、日本の旅行保険を利用している。
 
長期間だから相当高いと思われるだろうが、そうでもない。
 
こうした保険金で保険会社の支払いが最も高いのは、被保険者が死亡した場合に遺族に支払われるもの。
 
逆にいえば、この金額設定を下げると、保険全体の掛け金を安くすることができる。
 
妻子のいないホルヘは、ここをバッサリ削っている。
 
しかし、この保険は歯の治療が適応外。
 
したがって、日本で治療することにしたのだ。
 
 
 
正月明けすぐに行くつもりだったが、痛風のおかげで1月中旬になってしまった。
 
向かったのは、これまでに何度もかかったことのある地元の歯科医。
 
問題の歯は一番奥なのだが、レントゲン画像を見た医師は、「土台の骨が溶けちゃっている」という。
 
歯自体は根もしっかりしているが、どこかから入った歯周病菌により、骨がやられてしまっていた。
  
 
 
金属の細い器具を歯周ポケットに刺すと、ズブズブ入っていく。
 
普通は2~3ミリだというのに、侵入を阻止する骨がないため14ミリも入っていく。
 
このまま放っておくとさらに溶けるので、「抜くしかないな」と医師はいう。
 
ここまで進んでいると、治療しても効果がないそうだ。
 
それなりに信頼している医師ではあるが、歯を抜くというのは大事だ。
 
できることなら、抜きたくない。
 
 
 
そこで、返事は保留して別の歯科医院でも診てもらうことにした。
 
これまでのいきさつを説明し、「セカンドオピニオンを聞きに来た」と告げる。
 
しかし、どうもこれが悪かったようだ。
 
人のいいというか気弱な医師だったので、「抜いたほうがいい」といった医師に気を使ってか、
 
「それもひとつの方法ですね」などとはっきりしたことを言わない。
 
結局、何の役にも立たなかった。
 
今度は状況を一切説明せず、別の医院にサードオピニオンを聞きに行くことにする。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts