健肛への道

20歳くらいころ、排便をしたら肛門から血がピュッと噴き出した。 量はティースプーン2~3杯だろうが、鮮血で便器が赤く染まり、ホルヘは青くなった。 すぐさま医者に診てもらったら、単なる内痔核と判明。 これは肛門内にできたイボ痔のこと。 血流が滞りうっ血してイボのようになる。 肛門内にできた場合は痛みを伴わないが、排便などで出血することがある。 医師からの説明を聞いたホルヘは、痛みもなくたまに出血するだけなら...

寄席とナニコレ

ホルヘはお笑いが好きで、アルゼンチンにいるときもYOUTUBEで漫才を観ているし、NHK国際衛星放送の「日本の話芸」、「演芸図鑑」も必ず視聴している。 最近の漫才は上方勢が席巻しているが、牧伸二が司会をしていた演芸番組「大正テレビ寄席」で育ったホルヘには、東京漫才のほうが親しみやすい。 ということで、今や東の横綱格であるナイツのファンだ。 数年前から彼らの漫才を何度もYOUTUBEで観て、「日本に戻ったら、生で...

一念発起

12月にアルゼンチンを離れる直前、ゴルフコンペに参加した。 2016年最後のラウンドなので、打ちっ放しで練習するなど万全の準備をした。 さらにアミーゴとはスコアの賭けをすることでも合意。 100打を切る自信は十分にあった。     しかしスタートホールから大叩きとなり、そのままズルズルとトリプルボギーの山を築きながら終盤に至った。 残り4ホールをすべてボギーで上がっても120打ジャスト。 当然、すべて...

海運不況

昨年8月、韓国最大手で世界8位のシェアを誇っていた韓進(ハンジン)海運が破たんした。 この会社が危ないという情報は業界では知れ渡っていたようで、ホルヘのアミーゴでアルゼンチンの水産物会社の社長によると、商品を輸出する際に取引先から、「韓進を使うな。もし使ったら、商品代は支払わない」との通告をいくつも受けていたそうだ。 実際に破たん後は韓進海運の船舶が多くの港で入港を拒否され、貨物が海上で止まってしまい大きな混乱を...

故障続き

ホルヘが帰国中に居候している実家の冷蔵庫が、年明け早々に壊れた。 今年の正月は3月並みの気温だったこともあり、3日には雑煮用の鶏肉が臭い始めた。 メーカーの修理は5日まで休み。 満杯だった冷凍室の食材もすべて溶けてしまい、多くのものが無駄になった。 冷蔵庫が壊れただけで、肉や魚の買い置きができないなど、かなりの不便が生じた。 あって当然、機能して当然の家電が一つ故障しただけでこうなのだから、震災や水害による...

チリ大好き

フランスで起きた日本人女子留学生失踪事件。 その容疑者として、国際指名手配されたのはチリ人だった。 日本とチリが関係する犯罪といえば、2001年に発覚した青森県住宅供給公社を舞台とした14億円横領事件。 横領犯の妻がチリ人のアニータ。 犯人は結婚前から大金を貢ぎ、彼女はその大部分をチリに移して大豪邸を建てたりしていた。 夫の横領を彼女が認識していたという証拠がなかったため罪には問われなかったが、「犯罪の陰に...

空き家

12月23日に帰国した。 この日は言わずと知れた天皇誕生日。 日本の在外公館では、国家元首の誕生日を祝う式典とか行事を行うそうだ。 1996年の在ペルー日本大使公邸占拠事件も、天皇誕生日の祝賀レセプションの際に起きた。 犯行グループであるゲリラは、多くの要人が集まるレセプションを標的にし、約600人を人質にした。 これ以降大規模な行事は控えるようになったものの、祝賀会は開催されている。 しかし12月23日...

国立野球場

この前はじめて、国立野球場へ行ってきた。 アルゼンチンにも野球はあり、昔はかなり盛んだったという。 知り合いに、75歳くらいの日本人移住者がいる。 彼は中学生のときに移住を決意。 そして、移住すれば身体が資本と、高校では野球部に入った。 昔の日本人ならほとんどが野球の経験者。 したがって移住地でのお楽しみは、自然と野球になる。 中には、甲子園出場者も数名いたそうだ。 そうした人たちが、やがてアルゼンチ...

スーペルクラシコ

ビデオ判定、恐るべし。 アトレティコ・ナシオナルがアントラーズにまさかの0-3。 追加点が生まれるまでGK曽ヶ端は大忙しだったし、全試合を通じてのポゼッションは61%対39%、シュート数は24本対10本とA・ナシオナルが大幅に上回っていたのだから、主審があのまま見逃していれば、勝敗は逆になっていた可能性が高い。 しかし、文句なしの惨敗だ。 南米王者として乗り込み、「シャコペエンセのために戦う」といっておきなが...

U-19がやってきた

先週末は世界各国のリーグで、喪章や黙とうによるシャコペエンセへの追悼が行われた。 アルゼンチンではボカやラシンなどいくつかのクラブが、ユニホームにシャコペエンセのエンブレムを入れて試合に臨んだ。 また、コパ・スダメリカーナ準決勝で対戦したサンロレンソは、試合後に交換した犠牲者たちのユニホームを着用して入場。 そしてリーベルは、特注したシャコペエンセカラーのグリーンのユニホームで試合を行った。     しか...