『必ずいつの日か、僕らは昇格します』

今シーズンも「Foot!WEDNESDAY」は様々なゲストの方々に来ていただいているんですけど、ようやくタイミングが合って、スタジオにお越しいただけたのが、アスルクラロ沼津の監督を務めている吉田謙さんです!     「あ!この人には絶対に会ってみたい!」と感じたのは昨シーズンのJ3最終節。 アスルクラロの優勝と栃木SCの優勝と昇格が懸かったゲームは大熱戦。 ホームで戦うアスルクラロが先制したものの、栃木SC...

国外決戦

コパ・リベルタドーレスの決勝戦がやっと終わった。 準決勝が10月30日と31日に行われ決勝のカードが決まった。 その日から12月9日の決勝第2戦まで39日間を要したことで、「史上最長の決勝戦」と揶揄されている。 マドリッドでの対決は、世界中の注目を集めることになった。 ホルヘが願ったのは、「みっともない試合だけはしないでほしい」ということだった。 この大舞台で消極的な凡戦を繰り広げたら、アルゼンチンサッカー...

ついに決着?

コパ・リベルタドーレスの決勝戦がマドリッドで開催されると発表された翌日、試合日程に適したブエノスアイレス⇔マドリッド間のエアーチケットは完売となった。 しかも直行便だけでなく、ブラジルのサンパウロ経由、ウルグアイのモンテビデオ経由、ペルーのリマ経由までもが売り切れ。 この事態にアルゼンチン航空は、2機のチャーター便を飛ばすこととした。 しかし飛行中の機内でリーベルとボカのサポーターが乱闘にでもなれば危険極まりな...

意外なマドリッド開催

コパ・リベルタドーレスの決勝第2戦が、12月9日にスペインのマドリッドで行われるという驚きの発表があった。 会場はレアルのサンティアゴ・ベルナベウ。 アルゼンチン以外の国で開催されることはほぼ決まっていたが、マドリッドというのは意外だった。     はじめからまとめると、まず11月24日にリーベルのスタジアムで行われる予定だったこの試合に向かうボカのバスが投石などで襲撃され、キャプテンのパブロ・ペレスが左目...

青森山田行ってきました!

11月25日。青森山田高校に行ってきました!     高円宮杯プレミアリーグEASTの大一番。 2位の青森山田と首位の鹿島アントラーズユースが激突するゲームは、鹿島が勝ったらリーグ制覇という非常に重要な一戦でした。     結果は1-1の引き分け。 優勝は次節以降に持ち越されたんですけど、とにかく熱い90分間で、一時は両チームのベンチも一触即発ムードになる時間帯も。 このタイトルへ懸ける気合をひしひ...

ドタバタクラシコ

リーベルのバラスによるボカ選手襲撃という凶行で順延となったコパ・リベルタドーレス決勝第2戦。 ボカとリーベルの対戦はスーペルクラシコとして知られるが、今回は大会史上初となる決勝戦での激突ということで、メガクラシコやメガフィナルと呼ばれ異常な熱狂に包まれていた。 外国メディアも多数取材に訪れ、そのおかげでホルヘはまたも取材パス入手ができなかった。 申請者が多くなるとフリーランスは割を喰う。 というわけで、今回も...

遊ぶ 投げる

大分で行われたベネズエラ戦は、大渋滞のせいで間に合わない観客が多く、スタンドに空席が目立つ中でのキックオフになったとか。 同日、アルゼンチンでもメキシコとのテストマッチが行われたが、こちらも観客の入りは悪かった。 会場は第二の都市コルドバながらチケットが全体の約6割しか売れず、当日券の値下げ、「保護者同伴の12歳以下の子供は無料」という措置をとったものの、満員には程遠かった。     現在のアルゼンチン代表...

ボカ、リーベル狂騒曲

10日の土曜日早朝、激しい雨音で目が覚めた。 やがて雷も鳴りだし、雨はさらに勢いを強めた。 午後5時キックオフのコパ・リベルタドーレス決勝戦ボカ対リーベルは、無事に行われるだろうか。     クラシコの中のクラシコということで“スーペルクラシコ”と呼ばれるこのカードが、同大会史上初めて決勝で実現することとなり、アルゼンチンは狂騒状態となった。 普通のニュース番組でも、この件に関することが連日トップを飾って...

メガ フィナル

コパ・リベルタドーレス準決勝の第2レグ。 ホームでの初戦を2-0としたボカは、パルメイラスと2-2で引き分けて決勝進出を果たした。 ホームゲームを0-1で落とし背水の陣となったリーベルは、グレミオに先制されながらも2-1で逆転勝利。 アウェイゴールシステムにより、奇跡的にファイナリストへとたどり着いた。     これで決勝戦はコパ・リベルタドーレス史上初となるボカ対リーベルのスーペルクラシコとなったが、実...

ベルマーレという希望

初めて取材に行ったのは2005年のこと。 場所はまだすぐ後ろを新幹線が走っていた大神グラウンド。 当時の上田栄治監督と坂本紘司選手のインタビューでした。 確か開幕から好調をキープしていたチーム状況もあって、“序盤戦の注目チーム”としてお話を伺いに行ったんですけど、Jリーグファンにとってはおなじみの元広報・遠藤さちえさんが「注目チームって響き、いいですね!」とキラキラした笑顔で話していたのを今でもハッキリと記憶し...