パルティダッソ

前回、コパ・アメリカに出場している日本代表は、できるだけ早く敗退してもらいたいと書いた。 これは、フロックで好成績を残してしまうと、五輪のための強化に悪影響を与えるとの思いからだ。 実力以上の成績を上げて慢心するのは最悪のシナリオだ。 現在の力量に相当する結果で大会を終え、この貴重な参戦の中から多くのものを学び、できることなら将来への明るい可能性を示してもらいたいと思っていた。     チリ戦は、まさにそ...

コパアメリカ開幕

いよいよコパ・アメリカが開幕。 今回は日本代表が出場するので、日本から多くの報道陣がやってくるためホルヘはお休み。 分をわきまえて、大手メディアと張り合う気はサラサラない。 そして日本代表にも、間違ってベスト4以上になどならないことを期待している。     南米の強豪がしのぎを削る大会で、ほんの30年ほど前から本格的にサッカーを始めたような国の、しかも若手チームが好成績を残すのは正しい姿ではない。 奇跡...

世界準優勝メンバーのダブル解説!

いよいよ3位決定戦と ファイナルを残すのみとなった FIFA U-20ワールドカップ。 ここまで50試合を生中継してきた スタッフの疲労も一線を超え始めた 昨今ではありますが(笑) 昨日のセミファイナルには 豪華な二人が解説として来てくれました!     1人は播戸竜二。 1人は南雄太。 1999年にナイジェリアで開催された FIFA U-20ワールドカップで (当時はワールドユースでした...

新チャンピオン二つ

先週はアルゼンチンに二つのチャンピオンが誕生した。 まずは5月30日。 大会はレコパで、コパ・リベルタドーレス王者のリーベルとコパ・スダメリカーナ覇者のアトレティコ・パラナエンセが対戦した。 ホームでの第1レグを1-0としたA・パラナエンセが逃げ切りを図ったが、64分にPKで失点。 1-1のまま延長突入かと思われた90分、プラットが左からのクロスに合わせてリーベルに値千金のゴールをもたらす。 A・パラナエン...

審判経験

30年ぐらい前のことだが、取材に行ったある中学年代の全国大会で審判員になるという珍しい経験をした。 全国大会の審判員は、主審が1級で線審(現副審)が2級というのが当時の基本。 これに、1級候補の2級や2級候補の3級が加わることもあった。 ホルヘは、ただの3級だった。 一時は上級審判を目指そうともしたが、小学生のサッカーチームの指導に携わってからはそちらに専念。 上を目指す審判員には、試合の割り当てがバンバン...

FIFA U-20ワールドカップ全試合生中継!

5月23日のタヒチ×セネガルで幕を開けた FIFA U-20ワールドカップ。 J SPORTSではこの大会を開幕から決勝まで 全試合生中継という荒業に挑戦しています!(笑)     全試合ですから 当然前述したタヒチ×セネガルや マリ×サウジアラビア、 ノルウェー×ニュージーランドなど 日本では本来見ることのできない、 フル代表同士の対戦でも見ることのできない(笑) U-20代表同士の対戦を ...

勝ち点率

アルゼンチンリーグでの降格の決定は、プロメディオスというシステムよって行われている。 プロメディオというのは「平均」のことで、つまり1年だけでなく複数年の平均成績によって順位付けされ、その下位チームが降格となるのだ。      プロメディオは、勝ち点を試合数で割ることで算出される。 したがって1試合平均の勝ち点なので、「勝ち点率」と呼ぶこともできる。 18/19年スーペルリーガ終了時でプロメディオの首位は...

カード詐欺

東京の老母に、「詐欺の電話に気をつけろ」と口を酸っぱくして言っていたが、なんと自分が引っかかってしまった。 3日前の夜8時過ぎにケータイが鳴った。 出ると、正確にホルヘのフルネームを言った後、「VISAカードからのお知らせです」という。 まず、「次の番号をメモしてください」といい、0800で始まるフリーダイヤル番号を伝えてきた。 不審なことがあった場合、たとえば、1000ペソの買い物しかしないのに2000ペソ...

議員暗殺未遂

5月9日午前7時前、アルゼンチンの国会前広場で衆議院議員が銃撃された。 議員は重体で、一緒にいた彼の補佐役は即死。 殺傷事件の多いアルゼンチンでも、国会前で議員が撃たれるというのは前代未聞クラスの重大事件だ。     アルゼンチンは日本より日の出が遅く、朝7時でも薄暗い。 日中は賑やかな国会前も、まだ閑散としている。 速報ニュースで伝えていた目撃者や関係者の話によると、議員と補佐役は散歩中、駐車していた...

ベネズエラに令和

日本が平成から令和となったのと時を同じくして、ベネズエラでも国が大きく変化しようとしていた。 4月30日、暫定大統領のグアイドーが、SNSに軍幹部を従えたビデオメッセージをあげ、マドゥーロ政権打倒を呼び掛けた。     ベネズエラはチャベス前大統領からガチガチの反米左派主義で、マドゥーロは癌で亡くなったチャベスから指名されて後任となった。 マスコミ弾圧などチャベス時代から独裁色は強かったが、政治経験の乏しい...