葬送あれこれ

亡くなった沖縄の翁長知事の棺を乗せた霊柩車が、県庁の玄関前を通っていく映像をニュースで観た。 県庁前には多くの職員や県民が詰めかけ、合掌や深々とした礼で知事に別れを告げていた。 手を合わせる、頭を下げる、黙祷するというのは、故人を送る際の作法だ。     しかし、アルゼンチンでは全く異なる。 日常的に殺人事件が起こる同国だが、特に悲惨なケースや注目を集める事件では、出棺の模様をニュースで伝える。 ニュー...

スルガバンクカップ

8月8日、台風の風に煽られながら成田に到着。 機体がかなり揺れて怖い思いをしたが、荒天のおかげで気温は低く、いきなり酷暑の洗礼を受けず助かった。     深夜、何気なくテレビをつけると、BSでスルガバンクカップを放映していた。 もちろん録画だが、セレッソのホームである大阪では、地上波で生放送されたのだろうか。     この大会は2008年から開催されている。 日本サッカー協会の人が以前話してくれたが...

どうもMr.ゴルおです‼️

今年の夏は暑い熱い。。。 このビーチサンダル超おきに。。。 特にこの色サイコーだね! 中断期間のオフもあっという間に終わり。ここからまたきつい練習が待ってる、、、、 頑張っていきましょー。   ...

ウナギとラーメン

以前にも書いたが、ブエノスアイレスにヌエバ・カサ・ハポネッサという日本の食材や雑貨を扱っている店がある。 元々はカサ・ハポネッサ(日本の家、日本屋)という小さな店舗だったが、アルゼンチンも日本食ブームでレストランや寿司バーが増えたことで儲かったらしく、大きな店舗へ移転した。 そして、名前の頭に「新しい」を意味する「ヌエバ」をつけたのだ。     ここの2階にはレストランがある。 食材屋直営の店なので安いと...

旧友との再会

この夏も日本クラブユース選手権(U-18)サッカー大会が群馬県で開催されました。 群馬出身の自分としては、インターハイや選手権の県予選と並んで、それこそ小学生の頃からチームメイトや対戦相手として、一緒にボールを蹴ってきた懐かしい仲間に会う可能性の高い貴重な機会。 今回も2人の旧友に再会することができました。     1人は6月のインターハイ予選決勝でも会っていたので、ちょうど1ヶ月ぶりだったんですけど(笑)...

ボリビアの憂鬱

ボリビアはラパスの名門クラブ、ザ・ストロンゲストは今年4月に負けるまで、コパ・リベルタドーレスのホームゲームで19戦無敗を誇った。 内訳は14勝5分けで、2013年4月のサンパウロ戦(2-1)から今年3月のペニャロール戦(1-0)まで5年間に渡っての記録だった。 ラパスは標高3600メートルの高地。 ビジターは、酸素が薄く息が上がるだけでなく、頭痛や吐き気などの高山病の症状に襲われることもある。 気圧が低いた...

男女格差

ロシアW杯準優勝のクロアチアのベンチには、参加32か国中唯一、女性スタッフが入っていた。 イバ・オリバリという協会職員で、前回の欧州選手権からベンチスタッフとして働いている。 選手たちからは、親しみを込めて「おばちゃん」と呼ばれているそうだ。     なぜこのようなことを書いたかというと、日本も同じようなことをすればいいのに、と思ったからだ。 国際アムネスティとかの調査によると、女性の社会進出や男女平等に...

アルゼンチンの審判

ロシアW杯決勝の審判団は、ピターナ、ベラッティ、マイダーナのアルゼンチントリオが指名された。 主審のピターナは開幕戦のロシア対サウジアラビアを裁いており、W杯史上2人目の開幕戦&決勝戦を担当する主審となった。 たまたま前回のブログに書いたエリソンドが、2006年ドイツ大会で史上初となるこの2試合の主審を務めている。 つまり、史上2人の快挙を達成したのがともにアルゼンチン人なのだ。     開催国が出場する...

アウェイ大阪戦

土曜日に行われたアウェイ大阪戦は4ー4の引き分けに終わりました。 1ー4までリードされたスコアから諦める事なく大阪を相手に追いつく事が出来た事はポジティブに捉えていきたいと思います。 もちろんそこに至るまでの試合の進め方というのは修正していかないといけないです。 ただ長いリーグの中では良い時ばかりでは無いのでこういった苦しい展開を試合の中でしっかり持ち直せるかというのも大事になってくるので。     とに...

始発電車と世界の距離

ワールドカップも残すところ、あとは準決勝、3位決定戦、決勝とわずか4試合になりました。 何とかここまで大半のゲームをリアルタイムでチェックしてきましたが、リアルタイムで視聴できる全56試合(※グループステージの最終節は同時刻キックオフのため、物理的にリアルタイム視聴が可能なワールドカップの試合数は56試合なんです!)を完全制覇した2010年の南アフリカ大会や、2014年のブラジル大会を経て、当然今回もそこを目指して...