リフレッシュ研修会

2月15日に、C級サッカーコーチのリフレッシュ研修会へ行ってきた。 日本協会の指導者カテゴリーは、Jリーグの監督ライセンスであるS級以下、A級(指導対象年代ごと3種類)、B級、C級、D級、キッズリーダーに分かれている。 C級以上はリフレッシュポイント制度というものがあり、リフレッシュ研修会を受講してポイントを獲得しないと資格を失効してしまう。     ホルヘが前々回受講したときの講師は、現なでしこジャパン監...

ミーム

本田が移籍したボタフォゴ。 リオデジャネイロの名門クラブで、サポーターの応援コールは、「ボタフォゴ・ウッ!ウッ・ウッ・ウッ!」だ。 リオといえばフルミネンセ対フラメンゴの“フルフラ対決”が有名だが、この両者にボタフォゴとバスコ・ダ・ガマが加わった4クラブの対戦が、カリオカ(リオっ子)を熱狂させるクラシコとなっている。 そしてボタフォゴ対フルミネンセのカードは「ボボー(おじいさん)・クラシコ」と呼ばれ、ブラジル最...

プレオリンピコ

現在コロンビアで、プレオリンピコと呼ばれる五輪南米予選が行われている。 頭に「プレ」がつくプレシーズンとかプレ大会は、準備とか予行という意味で使われることが多い。 したがって五輪予選がプレオリンピコ(=プレオリンピック)なのだが、W杯予選はエリミナトリアスで、プレムンディアル(=プレワールドカップ)とは呼ばない。 なぜか、五輪予選だけがプレオリンピコとなっている。     この大会に出場するのは10か国で...

日本一のスタグルとは!

スタジアムに行く目的は もちろんサッカーを見るため。 それはそうなんですけど、それに付随する 様々なものもスタジアムに足を運ぶ 要因になりますよね。     その様々なもの中でも スタジアムグルメ、通称“スタグル”を 楽しみにしてらっしゃる方も 少なくないのではないでしょうか。     香ばしい匂い。立ち上る湯気。 活気ある呼び込みの声。溢れる笑顔。 食は人を幸せな気分にさせることを ...

ドコモどーも

先日、方南町を歩いていたら、「痛風セット」という張り紙が目に飛び込んできた。 数年前に激しい膝の通風を患ったので、ホルヘは”痛風”という言葉に敏感だ。 居酒屋の宣伝のようだったので、プリン体ゼロのビールに冷奴、海藻サラダなどといった尿酸値を上げないセットなのかと思った。 しかし近づいて読んでみると、白子ポン酢とあん肝ポン酢にウニ、イクラというセットだった。 想像とは逆に、尿酸値を上げる食材ばかりの、「痛風にな...

世界に羽ばたく18歳~若月大和~

近年では果敢にも若くして 世界へと挑戦する選手が増えてきている 日本人のフットボーラーですが、 この冬にまた1人の若者が海を渡りました。     若月大和。18歳。 群馬県生まれ。群馬県育ち。 桐生第一高校でその技量を磨いた彼が 一躍世界の脚光を浴びたのが 昨年10月に開催された FIFA U-17ワールドカップ。 サッカー王国ブラジルを舞台にした 17歳以下の世界大会に 日の丸を背負って...

反則考

先日、杉並区の審判打ち合わせ会に参加した。 区リーグ開幕を前に、各審判員の意思統一や情報交換、さらには新ルールの解釈や適用基準のレクチャー、そしてルールテストも行われた。 そこで多くの審判が口にしたのは、最近、主に手や腕で相手を引っ張ったり押したりする反則が増えているということだった。 成人の部だけでなく、高校生や小学生にもその傾向があるという。 そしてそれは、Jリーグの影響ではないかとのことだった。 なん...

微妙なジャッジ

今回のU-23代表は、VARを含めかなり判定で泣かされた。 カタール戦で取られたPKは、主審がVARで確認もせず。 テレビで解説していた松木さんは、「逆に相手が蹴ってるじゃないか」と怒りをぶつけていた。 ボールを蹴ろうとしていた相手選手に後方からタックルしたとVAR室の審判が判断し、「あなたのジャッジは間違いない」と主審に伝えたのだろう。 しかし、微妙なプレーではある。 ビデオを見れば、主審がジャッジを変え...

ギャンブル

1年前は暮れの競輪グランプリと年明けの鳳凰賞典でかなり儲けた。 しかし今回のグランプリは、1着となった無印の佐藤からも流したものの、3連単の2着が的中せず。 4日開催の鳳凰賞典は、3日目と4日目それぞれ5レース買って的中は1回。 しかしそれが26000円車券だったので少し浮き、グランプリと合わせてチャラという感じだった。     競輪は日本発祥のスポーツで、今やケイリン競技として五輪種目にもなっている。 ...

新春サッカーあれこれ

正月の2日に南米の新聞をネットでチェックしていたら、天皇杯のことが載っていた。 見出しは、「2020年初の得点はオウンゴール」というもの。 時差の関係で日本が先に新年を迎えるので、天皇杯は世界で最も早い公式戦となる。 そしてそこでの初得点がオウンゴールだったということは、世界的には話題となったようだ。     またメキシコからも新春サッカーのニュースがあった。 同国中央部のサカテカス刑務所で新年を祝うサ...