大通り世界一

アルゼンチンの独立記念日である7月9日という意味のヌエベ・デ・フリオ大通り。 現在は中央部にバスレーンが走り、安全地帯を含めた道幅は110メートル。 両側には側道があり、片方はカルロス・ペレグリーニとベルナルド・デ・イリゴージェン、逆側はセリートとリマという名前。 なぜ片方の側道に名前が二つあるかというと、リバダビアという通りを境に道の名前が変わるから。 しかしヌエベ・デ・フリオは、リバダビアを交差しても同じ...

『Foot!』2016-17シーズン終了です!

先日、『Foot!Meeting 2017』というイベントを開催しました。 これはJ SPORTSで放送されている『Foot!』という番組の公開収録で、シーズンの終了を告げる恒例のイベント。 2008年から毎年開催してきて、今回で9回目を数えることになりましたが、弊社のJリーグ中継が残念ながらなくなってしまったことで、昨年の11月から6年ぶりに『Foot!』のスタッフに復帰したため、久々に当事者として参加してきま...

大小のリーグ

今やサッカーは世界のいたるところで行われているが、それだけに我々の常識とはかけ離れたことも起きている。 世界で最も国土の広いロシアでは、SKAハバロフスクというクラブがプレミアリーグ昇格を決めた。 これはおめでたいことなのだが、このクラブの立地条件がすごい。 ロシアはモスクワやサンクトペテルブルクなど西側が栄えており、プレミアリーグ所属のクラブもそちらに集中している。 ところがハバロフスクは極東地域で、日本ま...

糠騒動

糠漬けを始めたが、アルゼンチンには適した野菜が少ないと以前書いた。 しかし路上でボリビア人のおばあさんが、素晴らしいショウガを売っているのを見つけた。 最近は多くの八百屋でショウガは手に入るものの、スカスカでパサパサなのだ。 おろして搾り汁を取ろうとしても、汁がわずかしかない。 甘酢などの液体に漬けるのならいいが、糠漬けにはできないと思っていた。     路上でおばあさんがハーブなどを売っていたので、何...

ベネズエラの強さの秘密

U-20W杯の日本対ウルグアイ戦で、ウルグアイの国歌ではなくチリの国歌が流されたが、これは国際大会ではよくあるミス。 しかしコパ・リベルタドーレスのサンタフェ対サントスで、かなり珍しいことが起きた。 それは、キックオフ前に行われた黙祷でのこと。「これより、サントスのリカルド・オリヴェイラ選手のご冥福を祈り、黙祷を行います。観客の皆様はご起立ください」とのアナウンスがされ、葬送行進曲が奏でられる中、型通りのセレモニ...

鳥栖遠征のおたのしみ

5月中旬に鳥栖へ行ってきました! 昨年まではJリーグの中継があったので、年に3,4回は必ず行っていた鳥栖ですが、「さすがに中継がなくなったらなかなか訪れる機会はないだろうなあ…」と思っていたのに、『Foot!』のロケという形で意外と早々にそのチャンスが訪れました(笑)       そして、鳥栖に行ったら必ず食べるのがコチラ!       かしわ(鶏肉)が入ったシンプルな『かしわうどん(写真は...

アルゼンチン代表の新監督

アルゼンチン代表の新監督には協会の希望通り、セビージャFCを率いていたホルヘ・サンパオリが就任することになった。 セビージャとは2年契約で当初は本人も残留で固まっていたが、記者会見で「他のクラブへ行くためにセビージャを去るのとは違う。母国の代表から請われれば、断り切れない」と悩みぬいた末での決断であったことを吐露していた。     彼はプロ選手としての実績はなく、アマチュアチームに所属していた19歳のときに負...

J1の9試合を毎節見る男たち

今シーズンはJ SPORTSからJリーグの中継がなくなったため、僕は約5年ぶりに『Foot!』という番組のスタッフに戻りました。 以前担当していた時は週1だった番組も、いまでは“デイリーニュース”と銘打って週5になり、いろいろなトピックスをご紹介していく中で、Jリーグを扱っている水曜日が僕の担当曜日になり、昨年の11月から番組に携わるようになったのです。     2017年シーズンはJリーグの開幕からスタッフ...

今シーズン初gol

Jリーグ14節にてようやく初ゴルしましたー(^○^)   クロスからボレーシュートだったですけどナイターの試合という事もありシュートをうつ前に照明のおかげでボールが見えなくなってしまい感覚でうったんですけど逆にそのおかげでゴールできた。かもですね(^○^)笑   最近なかなか勝ててないんで早く勝ち点3が欲しいです。   あと最近は楽しい出来事がないんでなんかハプニングが起こる事を期待したいと思います‼️ ...

アベジャネーダ クラシコ

前節のアルゼンチンリーグはクラシコデー。 ボカ対リーベルのスーペルクラシコをはじめ、すべての試合がクラシコだった。 ホルヘはこの日、インデペンディエンテ対ラシンのアベジャネーダ・クラシコへ行った。     試合開始1時間以上前に最寄りのバス停に着いたが、途中から警察のコントロールで大渋滞。 5分待って5メートル進むことの繰り返し。 初めのうちはただ陽気に騒いでいたサポーターたちも、試合時間が近づくにつれ...