アメリカンなホルヘ

23日のウルグアイ対ブラジル戦に合わせて、20日発のアメリカン航空便に乗るため成田へ向かった。 ここ5年間はシドニー経由だったし、その前の3~4年はカタール航空だったので、アメリカ経由は久しぶりだ。 祭日で道がすいていたこともあり、出発時刻の3時間以上前に空港へ到着。 アメリカンのチェックインカウンターへ行くと、エコノミーの乗客は、自分で機械を使って発券してくださいという。 これは、初めての体験。 パスポー...

三つのリーベル

コパ・スダメリカーナといえば、昨年12月の決勝戦へ向かうシャペコエンセが飛行機事故に遭遇した大会。 南米では、年の上半期がコパ・リベルタドーレス、下半期がコパ・スダメリカーナとなっていたが、今年から両大会が同時期の通年開催へと変更された。 これにより同じクラブが両大会に参加することはできなくなり、リベルタドーレスが上位大会、スダメリカーナはそれに準ずるものとなった。 ようするに、ヨーロッパのチャンピオンズリーグ...

角打ちデビュー

3月23日にW杯南米予選の首位決戦ウルグアイ対ブラジルがある。 この試合の数日前にアルゼンチンに戻り、家でゆっくりしてからラプラタ河を渡ろうと考えていたのだが、例の痔の手術の影響で出発が遅れることになった。 長時間の飛行機移動は患部に負担がかかるため、医者はできるだけ遅くしろという。 まだ回復途中なので、場合によってはドクターストップの可能性もある。 そんな状況の中でエアーチケットを探したら、これが結構大変だ...

ボカ対リーベル 番外編

ブラジルW杯で準優勝のアルゼンチンが、今はロシア南米予選で大苦戦。 一時は10か国中6位と圏外まで順位を落とし、現在は辛うじてプレーオフ周りの5位という始末。 昨年は3連勝と好スタートを切ったものの、その後は1勝2分け2敗。 この不振の原因に挙げられているのが、ホームゲームを地方で行ったこと。 通常はブエノスアイレスのリーベルスタジアムが会場となるが、昨年行われた4試合は、コルドバ(2回)、メンドーサ、サンフ...

健肛への道2

長年患っていたイボ痔の手術を受けることになったホルヘだが、実は過去にも手術らしきものは経験している。 名医の評判高い井の頭通り肛門科で手術をすすめられながら、ビビったホルヘはその医院を敬遠するようになり、別の医院のお世話になっていた。 ちょうどその頃、ジオン注入式という治療法に保険が適用されるようになった。 これは患部に注射を打ち、薬剤によってイボを小さくするもの。 入院をせず、日帰り可能というメリットもある...

健肛への道

20歳くらいころ、排便をしたら肛門から血がピュッと噴き出した。 量はティースプーン2~3杯だろうが、鮮血で便器が赤く染まり、ホルヘは青くなった。 すぐさま医者に診てもらったら、単なる内痔核と判明。 これは肛門内にできたイボ痔のこと。 血流が滞りうっ血してイボのようになる。 肛門内にできた場合は痛みを伴わないが、排便などで出血することがある。 医師からの説明を聞いたホルヘは、痛みもなくたまに出血するだけなら...

寄席とナニコレ

ホルヘはお笑いが好きで、アルゼンチンにいるときもYOUTUBEで漫才を観ているし、NHK国際衛星放送の「日本の話芸」、「演芸図鑑」も必ず視聴している。 最近の漫才は上方勢が席巻しているが、牧伸二が司会をしていた演芸番組「大正テレビ寄席」で育ったホルヘには、東京漫才のほうが親しみやすい。 ということで、今や東の横綱格であるナイツのファンだ。 数年前から彼らの漫才を何度もYOUTUBEで観て、「日本に戻ったら、生で...

一念発起

12月にアルゼンチンを離れる直前、ゴルフコンペに参加した。 2016年最後のラウンドなので、打ちっ放しで練習するなど万全の準備をした。 さらにアミーゴとはスコアの賭けをすることでも合意。 100打を切る自信は十分にあった。     しかしスタートホールから大叩きとなり、そのままズルズルとトリプルボギーの山を築きながら終盤に至った。 残り4ホールをすべてボギーで上がっても120打ジャスト。 当然、すべて...

海運不況

昨年8月、韓国最大手で世界8位のシェアを誇っていた韓進(ハンジン)海運が破たんした。 この会社が危ないという情報は業界では知れ渡っていたようで、ホルヘのアミーゴでアルゼンチンの水産物会社の社長によると、商品を輸出する際に取引先から、「韓進を使うな。もし使ったら、商品代は支払わない」との通告をいくつも受けていたそうだ。 実際に破たん後は韓進海運の船舶が多くの港で入港を拒否され、貨物が海上で止まってしまい大きな混乱を...

さまざまな市

1月15日の日曜日、有名な世田谷のボロ市へ行ってきた。 この市は、北条氏が関東を納めていた16世紀から始まったもので、東京都の無形民俗文化財に指定されている。 元々は古着を売っていたことからボロ市と呼ばれるようになり、現在は曜日にかかわらず1月15,16日と12月15,16日に開催されている。 ホルヘは世田谷区に隣接する杉並区、しかも世田谷区に近い場所に住んでいながら、ボロ市を訪れたのは今回が初めて。 日曜日...