年末に、copa de gol.に呼ばれて参加した。
 
これはgol.が毎年主催するフットサルフェスティバルで、関係者やスタッフが集まって蹴り収めを行うもの。
 
さすがスポーツメーカーだけあり、関係者の多くは現役や元のJリーガーとFリーガー。
 
さらに、キャプテン翼の高橋陽一先生も登場という豪華メンバーだった。
 
 
 
参加者を6チームに分け、ホルヘは赤チームになった。
 
メンバーは8名。
 
まずは自己紹介から始まったが、「○○の何某です」「△△の何某です」と、○○や△△の部分がプロクラブ名という挨拶が続く。
 
なんと8名中4名が現役選手で、1名がプロのリフティングパフォーマーだった。
 
なんとすごい顔ぶれか。
 
 
 
こんな中に入れてもらうのは、気が引けるというよりもビビってしまう。
 
「ほぼ素人の52歳です。足を引っ張ります、すみません」というしかなかった。
 
自己紹介の後、とりあえずキャプテンを決めることになったが、最年長ということでホルヘが指名されてしまった。
 
こんなメンバーをどう仕切れというのか。
 
「来るんじゃなかった」と本気で思った。
 
 
 
しかし、案ずるより産むがやすしとはよくいったもので、始まってみればどうってことはなかった。
 
キャプテンの最大の任務である先発選びも、「はい、じゃあ左から5人が先発」とザクっと無責任に決め、
 
適当に時間が経過したら、「そろそろ誰か替わって」とベンチから叫べば選手交代もスムースに行えた。
 
 
 
調子に乗って、第4試合では自らを先発に起用。
 
このレベルでは、スタミナがもつのは2~3分だと思ったので、短期間でやれるだけのことをやって素早く交替しようと思った。
 
自分なりにガンガン行こうと決めたので、ドリブル突破などという無謀なことも試みた。
 
左サイドからゴール正面を目指したが、さすがに守りは厚く右サイドへ押しやられた。
 
そこで、やむなく後方へパス。
 
自分がいたスペースを空けるつもりで中に移動したら、パスが来た。
 
前を見ると、ゴールまではやや距離があり、マーカーも離れている。
 
「どうしよう」と一瞬迷ったが、「えーい、打っちゃえ」と開き直りシュートを放った。
 
飛んだコースもよかったが、トゥキックだったのでGKが意表を突かれ、見事に決まった。
 
 
 
チームは3位という成績だったが、ホルヘはこの1点を取ったことで大満足。
 
夜は呑み屋で、常連やマスター相手に得意気にこの1点の話を語った。
 
しかし、だいぶ酔いが回ったところで、あの後にもう1点取ったことを思い出した。
 
トゥキックの1点だけだと思い込んでいたが、たしかにもう1点決めている。
 
なぜ、2点目が記憶の中から消えていたのだろうか。
 
どうやらホルヘの脳は、酒毒に相当蝕まれているようだ。
 
 

 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts