15日にW杯南米予選の最終第18節が行われ、
 
1位から4位に入ったアルゼンチン、コロンビア、チリ、エクアドルが出場権を獲得。
 
ウルグアイは5位で、またもやプレーオフを戦うことになった。
 
コロンビアは1998年フランス大会以来の返り咲き。
 
引き分けで予選突破となる第17節では、ホームでチリに前半0-3とされるが、
 
奇跡の同点劇で念願を果たした。
 
 
 
コロンビアとエクアドルは隣国で何かと縁が深く、国旗の色も同じ(エクアドルは紋章入り)。
 
したがって、国旗からデザインしたユニホームもシャツが黄色、パンツ青、ストッキング赤と同じだ。
 
エクアドルのW杯初出場は2002年の韓日大会なので、今回は晴れて兄弟国揃っての参加となる。
 
 
 
以前、「ペルーの源三」というタイトルで書いたペルー代表GKのディエゴ・ペニーが、
 
第17節のアルゼンチン戦でゴールを守った。
 
彼はキャプテン翼の若林源三が好きで、自分の名前を尋ねられると、
 
「ワカバヤシ ゲンゾウ デス」
 
と答えるギャグを持っている。
 
チョンボも多いが197センチメートルの長身でハイボールに強く、今予選のウルグアイ戦では、
 
フォルランのPKを止めて勝利に貢献したこともある。
 
また、なかなかのイケメンだ。
 
 
 
アルゼンチンのサポーターは、新しい応援(相手をけなすことも含む)スタイルを生み出すのがうまい。
 
相手GKがゴールキックを蹴るとき、助走に合わせて「ウー」とブーイングのようなものを浴びせ、
 
キックと同時に「プット」と叫ぶ。プットは男娼のこと。
 
それも女性客より男性客を相手にするというニュアンスが強く、要するにオカマの男娼。
 
相手をバカにしたり侮辱するときオカマ扱いすることが多いが、プットはその中の上級バージョン。
 
 
 
このスタイルは、ボカがコパ・リベルタドーレスで強かった頃生まれた、もしくは流行った。
 
ボカのサポーターが、ブラジルやメキシコチーム相手によく使い、今では中南米に広まっている。
 
しかし、逆にアルゼンチンでは最近あまり聞かない。
 
 
 
ところが、その「ウー、プット」が、ペルーの源三相手にさく裂した。
 
試合はプレースしたボールが転がるほどの強風の中行われ、しかもペルーが先制した。
 
このため風の影響や意図的な時間稼ぎで、ゴールキックを蹴るのが遅かった。
 
そしてイラついたサポーターが久々にこの罵声を浴びせかけたのだ。
 
 
 
このコールは、アルゼンチンがラベッシの連続ゴールとパラシオの追加点で3-1とし、
 
ゴールキックが早く行われるようになっても続いた。
 
ペルーの源三は長身のため華奢に見え、ブラウン系の髪は長めにカットされている。
 
さらに助走のときやや猫背になり、それが弱々しい印象を与える。
 
要するに、プットのイメージに当てはまってしまったのだ。
 
ペニーにとっては、まったくの災難。
 
今後はプットと呼ばせないよう、ヒゲでもはやしたらどうだろうか。
 
 
DSC_0062

DSC_0281
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts