新年明けましておめでとうございます。
 
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 
 
 
僕は12月の頭に帰国してから解説のお仕事やイベント、
 
それから静岡へ行きエスパルス諸々挨拶に行ったり。
 
あとは年末に選手会のチャリティマッチに参加させてもらったりと活発に過ごしてきました。
 
 
 
変な話次の仕事があって引退を決めたわけではないので
 
スケジュール真っ白でしばらくは行くんだろうと思っていましたが
 
有り難い事にこの自分に興味を持ってくれる人がいて
 
すでに幾つかお仕事をやらせてもらう事が出来ました。
 
 
 
長い年月をかけて一つの事に打ち込んできたそのサイクルが終わり、
 
新しい人生がスタートしたわけですがのんびり構えているわけではなく。
 
今までの自分に違う要素を付け足していく作業が
 
これから必要になるわけでそれを何にするかどうやってやるかなど考えることがたくさんあります。
 
ということで正月気分もほどほどに年明け早々にもう東京に舞い戻ってきました。
 
 
 
5日からは指導者ライセンスの講習が控えています。
 
それから、12日にはgol.さんのショップにてトークイベントが開催されます。
 
話すことには事欠かない選手生活。
 
ただ話す内容に気をつけないととんでもない事になってしまうのでよく考えて臨みます。
 
 
 
あるがままを話した方が面白いとは思いますが
 
変な暴露芸能人みたいにはなりたくないので、来られる方は楽しみにしてもらえればと思います。
 
それでは2014年が皆さんにとって健康で実り多きものになりますように。
 
 
140102image


About The Author

戸田 和幸

桐蔭学園高〜清水エスパルスへ。99年には、エスパルスのステージ初制覇に貢献。 そして日本中が歓喜に湧いた02日韓ワールドカップ。そこに赤いモヒカンはいた。 強烈なインパクトと、アツく、そしてクレバーなプレーは日本代表を初のベスト16へと導いてくれた。 その後、イングランドの名門トッテナム・ホットスパーFC、オランダのADOデン・ハーグ、 東京ヴェルディ、サンフレッチェ広島、ジェフ千葉等国内外のクラブを渡り歩き、2013シーズンを最後に引退。 引退後は、解説者として活躍する傍ら2016年からはFC町田ゼルビアのジュニアコーチに就任。 世界を知る男がどのような指導者を目指していくのか?サッカーやライフスタイルなど様々な話題をグローバルな視点でお届けします。

Related Posts