2000年代のトヨタカップおよびクラブW杯の常連で、2000年と2003年には世界一に輝いたボカも
 
最近は精彩がなく、今期も非常に苦しい戦いを強いられている。
 
昨季はブービーの19位で終わり、フロントはついにリケルメを切った。
 
そのリケルメは、ユース時代に在籍したアルヘンティノスへ移籍。
 
しかし、このクラブは現在2部に落ちている。
 
 
 
ちなみにアルヘンティノスはマラドーナを輩出したことで知られ、
 
小さいクラブながら伝統的にユースの育成に力を注いでいる。
 
ファンも少ないので、選手を育てて売ることを収入の柱にしているのだ。
 
10年ほど前に聞いた話では、そのシーズンに、ここのOB30数名が
 
世界中の1部リーグでプレーしているとのことだった。
 
 
 
リケルメは開幕戦でゴールを決めて勝利に導くも、古傷が悪化して戦線離脱。
 
最近の彼はこれが多い。
 
出場すれば活躍するが、欠場ばかりという選手は使いづらい。
 
監督は不在時用のチームを作るが、戻って来たときはまた彼を中心に据える。
 
サブを務められる同じタイプの選手がいないので、
 
異なった2チームで1シーズンを戦うこととなり、他の選手もとまどう。
 
 
 
以前は蜜月関係にあったビアンチ監督とも亀裂が生じ、クラブも休んでばかりの選手に
 
高給を払い続ける価値が見いだせなくなった。
 
たしかにリケルメは最大級のスター選手だが、超人気クラブであるボカの試合は
 
彼がいようがいまいがほぼ満員になるのだ。
 
 
 
こうしてリケルメなしで迎えた今季。
 
第2節に勝っただけで、4戦して1勝3敗。
 
しかも0-3,1-3といった惨敗が続いた。
 
そして第4節終了時、ついに名将ビアンチが解雇された。
 
後任は39歳のアルアバレーナ。
 
2000年に世界王者となったときのメンバーでエル・バスコ(バスク人)のネックネームで呼ばれる。
 
スペインのビジャレアルでも活躍し、監督としてはすでに2チームを率いたが、
 
ボカの監督としては小物の感が否めない。
 
木曜日に突如ビアンチが解任され、金曜日に呼び出されて契約し、日曜日のべレス戦が初采配となった。
 
 
 
対戦相手のべレスはここまで全勝と絶好調。
 
敵地ボンボネーラに乗り込んだボカ戦でも、前半終了間際に先制点をゲット。
 
しかし後半にボカが3点を奪い逆転し、新監督は初陣を勝利で飾った。
 
選手と年齢が近く兄貴分的存在のアルアバレーナが、今後どこまでチームを立て直せるか興味深い。
 
140903_1

140903_2


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts