サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。
 
とかいう格言を聞いた覚えがあるが、そんなの嘘っぱちだ。
 
 
 
5月5日にスーペルクラシコが行われた。
 
ボカは今期から名将ビアンチが復帰。
 
試合前に、リーベルを率いるJリーグ初代得点王のラモン・ディアスと
 
ビアンチが抱擁するシーンでも撮ろうかと、ホルヘはベンチ前で待っていた。
 
 

 
ボカのホーム、ボンボネーラは、ベンチのあるメインスタンドの敷地が非常に狭い。
 
したがって普通の椅子席は僅かで、そこからビルのように上へパルコ席(個室)が造られている。
 
パルコ席はもちろん、メインスタンドは椅子席も入場料がとても高い。
 
スーペルクラシコならさらに値が上がる。つまり、お金持ちでなければ入れないのだ。
 
 
 
バックスタンド側から入場した選手がサポーターへ挨拶し、バックサイドのタッチライン際で集合写真に納まる。
 
その間に監督たちは、ピッチを横切ってベンチへ向かう。
 
数年前までは、カメラマンも集合写真を撮ってから、ピッチを横断してベンチに行くことができた。
 
しかし今は禁止されたので、集合かベンチのどちらかしか撮れなくなった。
 
 
 
まず初めにビアンチが到着。
 
そしてラモン・ディアスがやってきたが、ボカのベンチには一瞥もくれず、真っすぐ自分のベンチへ向かった。
 
挨拶する気はないようだ。ベンチはスタンドの真下で、観客とは目と鼻の先。
 
そこへ近づいたディアスをカメラマンが狙う。もちろん、ホルヘもその中のひとりだ。
 
 

 
すると、スタンドからディアス目がけて唾の雨が浴びせかけられた。
 
彼は警官の盾で守られていたため、被害はなし。
 
しかし無防備なホルヘはどうしようもなく、頭や背中に多数被弾した。
 
 
 
メインスタンドには、お金持ちやハイソサエティの人たちしかいないのにこの様だ。
 
なにが、「サッカーは大人を紳士にする」だ。
 
試合中はゴール裏で10歳くらいの子どもが相手選手を口汚く罵っている。
 
その口調は、とても子どもとは思えない。「サッカーは子どもを大人にする」というのは正しいのかもしれない。

しかし、碌な大人にならないだろう。
 
 
 
試合終盤にはゴール裏席で大量の発煙筒と打ち上げ花火が点火され、その上金網にまでよじ登りはじめて一時中断。
 
このせいで、次のホームゲームは無観客試合とするペナルティが科せられた。
 
本当にどうしようもないサポーターどもだが、これがまた、南米らしくて楽しいのだ。
 
 

 

 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts