アルゼンチンリーグの前節はクラシコデーだった。
 
インデペンディエンテ対ラシン、エストゥディアンテス対ヒムナシア、
 
ロサリオ・セントラル対ニューウェルスなど各地のクラシコが一斉に行われた。
 
 
 
もちろん、リーベル対ボカのスーペルクラシコもこの中のひとつ。
 
ボカはこの試合に勝てば単独首位となる。
 
チームを引っ張るのは、7月から復帰したテベス。
 
未だバリバリの現役代表選手だけに、そのパフォーマンスはリーグでも群を抜いている。
 
日本でガンバを下してから不振のリーベルは、
 
ホームでボカを破って優勝争いに踏みとどまりたいところ。
 
 
 
開始4分でボカは代表のガゴが負傷退場。
 
替わりに入ったのは、ウルグアイ代表のロデイロ。
 
そして彼の決勝ゴールにより、ボカが1-0で勝利を飾った。
 
 
 
いつものように路線バスで帰って来ると、面白いというか、
 
なんか物騒だなと思うことがあった。
 
バスの中にはスタジアム帰りのリーベルサポーターが10人ほどいた。
 
バスがホルヘの家の近くで信号待ちをしていると、
 
「ガジーナ!(リーベルの蔑称)」という声が突然聞こえた。
 
声がした方を見ると、隣の自動車の運転席から男が身を乗り出し、
 
左手の親指と人差し指で輪を作り、そこに右手の指を突っ込んで、
 
「ファック」のゼスチャーをこちらに向けてやっている。
 
ユニホームを着ているリーベルのサポーターを車内に見つけ、
 
ボカサポーターがからかってきたのだ。
 
これは、よくあることで珍しくもない。
 
 
 
バス内のリーベルサポーターは2~3人ずつの4グループで、
 
それまではグループ同士のつながりは全くなかった。
 
しかし、これを機に一致団結。「ふざけやがって、あの野郎」みたいな言葉が交わされるようになった。
 
とはいえ、彼らもこの挑発を楽しんでいるようで、皆の顔には笑顔があった。
 
 
 
件の自動車が先行し、バスがその50メートルほど後方を走る。
 
バスが赤信号で止まったとき、誰かが運転手に、「追いついて、ぶつけてくれ」といった。
 
この冗談に一同笑ったが、なんと運転手は信号無視をして発進。
 
彼もまたリーベルファンだったのだろう。
 
 
 
しかし一度停車したことで差は開き、目的の自動車は見えなくなっていた。
 
誰もが本気でぶつけるつもりはなかったので、
 
「見失ったか。まあ、しょうがない」といった空気になった。
 
ところが、ホルヘが降りるバス停の150メートル手前に建っている
 
マンションの車寄せに、あの自動車が停まっていた。
 
バスはその前を知らずに通過したが、車内の何人かが、「あんなとこにいた」と発見したのだ。
 
 
 
ホルヘが降りる準備をしてブザーを押すのと、リーベルサポーターたちが、
 
「あそこに戻って、懲らしめてやろうぜ」と騒いだのはほぼ同時だった。
 
すると、バスは停留所のはるか手前で止まり、降車ドアを開けた。
 
バスの運転手が、サポーターに同調したのだ。
 
 
 
バスから降りたリーベルサポーターは、わめきながらマンションへ向かう。
 
どうなるかと興味津々で見ていると、彼らの接近を察したボカサポーターは、
 
自動車を急発進させて辛くも逃げきった。
 
もし捕まっていたらリンチされていただろうし、
 
逃げる際に相手を轢き殺す危険もあった。
 
とにかく、無事に済んだのは幸運といえる。
 
 
 
ボカサポーターのからかいから始まったものがリーベルサポーターの集団心理を産み、
 
彼らの冗談に運転手が乗ったことでリーベルサポーターは抑えがきかなくなった。
 
アルゼンチンではサポーター同士の殺傷事件が多発しているが、
 
その多くは、このように些細なことから発展したものではないだろうか。
 
 
 
台風発生のメカニズムを知るがごとく、
 
間近でトラブルの誕生から発達までを見ることができ、貴重な体験だった。
 
150918_1


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts