少し前ですが、高校選手権でとうとう前橋育英高校が優勝を達成しました!
過去にはベスト4が4回、準優勝が2回と、どうしても届かなかった冬の日本一。
とりわけ昨年度は決勝で青森山田に0-5という屈辱的な敗戦を喫していただけに、そこからのリベンジは圧巻の一言。
試合後のインタビューで山田耕介監督が涙を浮かべていたシーンには、思わずこちらももらい泣きしてしまいました。
 
 
今でこそ全国屈指の強豪というイメージが定着した育英(※群馬県の人は前育ではなく育英と呼ぶので、ここでも育英で統一します・笑)ですが、僕が高校生の頃を振り返ると、県内でこそ前橋商業と覇権を二分していたものの、服部浩紀を擁して2度の国立を経験していた前商に比べると、そこまで全国的な知名度は高くなかった気がします。
 
 
実際にそんな彼らが全国クラスの実力を有し始めたのも、僕が高校生だった頃のようにも思います。
1996年度。
選手権予選準々決勝で我が高崎高校を破った育英は、大島秀夫(昨シーズンのJリーグ功労賞を受賞)や板橋裕也(U-17日本代表経験者)、岡田直彦(元コンサドーレ札幌、現・徳島ヴォルティス強化部長の弟!)などタレントを揃え、全国でもベスト8まで躍進。
準々決勝では優勝した市立船橋に競り負けたものの、大きなインパクトを残しました。
 
 
初めて国立の舞台に辿り着いたのは、僕の1つ下の代が高校3年だった1998年度の高校選手権。
2年連続ファイナルを目指した帝京と激闘を繰り広げ、最後は後半終了間際に決勝ゴールを奪われ、決勝進出への道は閉ざされたものの、その国立を経験した松下裕樹(ザスパのレジェンド!)や岩丸史也(J数クラブで活躍)が最上級生になった翌年度も、きっちり予選を勝ち抜いて全国の舞台に舞い戻ると、再びベスト4へと進出。
今度は市立船橋にPK戦で惜敗し、またしても国立での勝利には届きませんでしたが、一気に“上州のタイガー軍団”は全国区の地位を確立したのです。
 
 
ただ、そこから決勝までの道のりは険しく長いものに。
その後も2度勝ち上がった選手権の準決勝はどちらも敗退。
インターハイでは2009年に日本一へ輝きますが、なかなか選手権での優勝が遠く、初めて“ベスト4の壁”を打ち破った2014年度も、星稜と激突したファイナルは延長で2点を奪われて準優勝。
そして前述の昨年度はやはりファイナルで0-5の大敗。
「持ってないってよく言われます」と苦笑しながら語ったのは山田監督。
育英にとって選手権での日本一は悲願だったんです。
 
 
それだけに今回の優勝は本当に価値のあるもの。
個人的にも今年の育英は継続的に取材させてもらっていましたし、「こういうチームが日本一になるんだな」ということを、キャプテンやチームから感じさせてもらっていたので、あの劇的な日本一が決まった瞬間には感極まるものがありました。
山田監督をはじめ選手の皆さん、さらに今まで育英に関わってきたすべての皆さん、本当におめでとうございます!
 

写真は埼玉スタジアム2002の育英応援席です。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts