16日に帰国した。
 
家に着いたのは午後8時半頃。
 
投票には間に合わなかったが、クラブW杯決勝の後半は観ることができた。
 
アルゼンチン人は当然、ライバルのブラジルが敗れることを願っているものの、
 
南米人のホルヘはコリンチャンスを応援。
 
優勝という結果はもちろんのこと、まるで相手をからかうように、
 
自陣深くでショートパスをつなぐスタイルに大満足した。
 
 
 
今回ホルヘは日本へ真っすぐ戻らず、オーストラリアのシドニーで3泊した。
 
少し前まで、ブエノスからシドニー直行はカンタス航空も飛んでいたが、現在はアルゼンチン航空のみ。
 
しかし、この会社は潰れかかっていて信用できない。
 
しばらくはITAからも外れていた。
 
数か月前には、シドニー便が燃料切れでニュージーランドに不時着するというお粗末も演じている。
 
しかし今回は何事もなく、14時間のフライトの末、無事にシドニーへ到着。
 
 
 
周辺にはいくつものビーチがあるというので、1日はどこかで楽しもうと思っていた。
 
しかし、あいにく天気が雨模様。
 
フェリーに乗ってマンリービーチへ行くも、とても水着にはなれず、砂浜を歩いただけだった。
 
 
 
ホテルがチャイナタウンに隣接していたので、食事はもっぱらそこで済ませた。
 
中華料理屋が何店も並んでいるフードコートがあり、これが便利。
 
料理の写真が表示されているので、分かりやすいし注文も簡単。
 
ちなみにオーストラリアでは、テイクアウトのことをテイクアウェイというらしい。
 
 
 
肉食のアルゼンチンから来たので、シーフードが無性に食べたくなった。
 
それを肴に白ワインで酔っ払いたい。
 
しかしフードコートは居酒屋でなく食事処なので、1品の量が多く単品料理にはライスが付く。
 
したがって、ホルヘの胃袋では2品が限度。
 
1品は700円から900円くらいで、ワインは約1600円。
 
料理もワインも美味しかったが、フードコートで一人酒というのは多少の違和感があった。
 
 

 

 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts