アンデス山脈に面したアルゼンチンのラ・リオハ、サン・フアン、メンドーサの3州は、クージョ地方と呼ばれる。
 
クージョは、スペイン語の関係形容詞と同じ言葉。
 
他の地方はノロエステ(北西)のように方角を示すものや、チャコやパタゴニアといった地名に由来するものが多い。
 
かねてから、アンデス沿いをなぜ関係形容詞と同じクージョと呼ぶのか疑問に思い、ブエノスアイレスでいろいろな人に訊いたが、誰も知らなかった。
 
 
 
その疑問が、今回のメンドーサ行きで解決した。
 
土地の人によると、クージョとは先住民の言葉で「乾いた土地」という意味だそうだ。
 
雨が少なく、土地はカラカラに乾いている。
 
しかし、水が無いわけではない。
 
アンデスの雪解け水が山にしみ込み、その後は良質な湧水となる。
 
アルゼンチンで販売されているミネラルウォーターは、ほとんどがこの地方のものだ。
 
  
 
ただ、水が湧く場所は限られている。
 
生活や農業に使うためには、湧水を引っ張ってこなければならない。
 
メンドーサの名物のひとつが、道の脇に流れている用水路。
 
これはスペインによる侵略以前、先住民によって造られた。
 
同じようなものはペルーにもある。昔の人の知恵や技術はたいしたものだ。
 
 

 
 
ホルヘが泊まったユースホステルは、部屋への酒の持ち込みが禁止だった。
 
しかしワインの産地なので、酒を呑む店には事欠かないと思っていた。
 
数種類のワインをショットで呑めるようなカウンターバーもあると勝手に想像していた。
 
しかし相当探したにもかかわらず、そのような店がない。
 
レストランやカフェ、アイスクリーム屋ばかりなのだ。
 
 
 
しかしアル中のホルヘとしては、呑まないわけにはいかない。
 
結局、レストランでボトル1本とポテトフライ、さらにピカーダというツマミを頼んだ。
 
ピカーダとは、ハム、チーズ、オリーブの盛り合わせ。
 
あくまでもツマミや前菜的なものなので、通常は大した量ではない。
 
しかし、ここのピカーダはてんこ盛り。3~4人前分はある。
 
この店は、1人客を想定していないのだろう。これは、もはやツマミでなく立派な食事だ。
 
 
 
ホルヘは酔うために酒を呑むので、腹が一杯になるのは都合悪い。
 
それなら適量だけ食べればいいのだが、貧乏性なのか、食べ物を残すことに罪悪感がある。
 
したがって詰め込むようにワインとツマミを呑みこむこととなり、メンドーサでは気持ちよく酔うことができなかった。
 
 

  
  
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts