先日デートのため、アウター、インナー、ジーンズの新品を着用した。
 
特別に買いそろえたわけでなく、以前購入したものをこの機会におろしたのだ。
 
ホルヘとしては一応お洒落をしたつもりだが、服の値段を思い出して笑ってしまった。
 
アウターが2000円、インナーが680円、ジーンズは850円。
 
たしかソックスは105円でパンツは3枚で690円だったから、全身にまとっているものの総額が3765円なのだ。
 
ちなみに、靴は貰いものだった。
 
 
 
アウターこそ、8000円くらいのものが冬物最終バーゲンでこの値段になったのだが、
 
西友のジーンズをはじめ他のものはこれが定価。
 
インフレの国アルゼンチンから帰ってくると、日本の物価の安さが楽しくてならない。
 
そしてホルヘは安いものばかりを買い漁り、デフレの申し子みたいなファッションになってしまうのだ。
 
 
 
昔は、「安物買いの銭失い」とか「安かろう悪かろう」などといわれ、安いものの品質が悪かった。
 
衣類でいえば、中国製は色落ちし、襟やゴムが伸び、ときには繊維でかぶれる、というのが常識だった。
 
しかし現在は輸入業者や発注者がしっかり管理指導しているので、安くても品質に問題はない。
 
 
 
しかし管理がしっかりしないと、中国では今でも粗悪品を作る。
 
そしてそういった商品が、アルゼンチンなどで売られているのだ。
 
特にひどいのはプラスティック製品。材質が悪く、すぐに劣化する。
 
下着やソックスを干す洗濯バサミが付いたハンガーも、肝心の洗濯バサミがすぐに壊れる。
 
日差しの強い場所に吊るされているせいもあるだろうが、1年もすると劣化し、洗濯バサミを広げようとすると、バキっと割れる。
 
 
 
同じ素材が同じ環境に置かれているので、劣化するのも同時期。
 
ひとつの洗濯バサミが壊れると、次から次へとバキバキ割れていく。
 
洗濯はしたが、干すところがない、ということになる。これに懲りたホルヘは、日本からハンガーを持っていった。
 
 

 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。
 


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts