現在、ワールドカップ南米予選で本大会出場圏内の3位に付け、
 
久々の“世界”が現実味を帯びてきているコロンビア代表。
 
主力選手は軒並みヨーロッパでプレーしており、
 
その個々のポテンシャルも含めて、再び世界中の注目を集めています。
 
 
 
コロンビアが世界的に脚光を浴びるキッカケになったのは、
 
ベスト16進出を果たした1990年のイタリアワールドカップ。
 
いまだにライオンヘアーと正確なインサイドキックが記憶に刻まれている
 
異能のファンタジスタ、カルロス・バルデラマと、
 
バックパスがまだ許されていた時代に華麗な足技を誇り、
 
ゴールキーパーながら積極的にエリア外へ飛び出していくなど
 
時代を先取りしていたレネ・イギータという2人のスターを擁し、
 
その脇をフレディ・リンコン、アンドレス・エスコバル、ベルナルド・レディンなど
 
実力者が固めるメンバー構成で、魅力的なパスサッカーを披露。
 
最後はカメルーンに延長で屈しましたが、
 
そのスタイルは大いに世界が認める所となりました。
 
 
 
4年後、アメリカ。
 
南米予選でアルゼンチンを5-0という衝撃的な大差で下すなど、
 
一躍優勝候補に挙げられる中でワールドカップを迎えたコロンビア。
 
ところが、初戦でルーマニアに1-3と敗れると、
 
続く開催国のアメリカ戦も1-2で敗戦。
 
国民の期待を裏切り、グループリーグ敗退となった大会後には
 
エスコバルが射殺されるという痛ましい事件も。
 
1998年のフランスワールドカップにも出場したものの、
 
またもグループリーグで姿を消すと、
 
以降はすっかり表舞台から遠ざかることになってしまいます。
 
 
 
そんなコロンビアに彗星の如く現れたストライカーが
 
アトレティコ・マドリーでゴールを量産しているファルカオ・ガルシア。
 
ディエゴ・シメオネ監督の下、アルゼンチンのリーベル・プレートで
 
頭角を現わすと、初めての欧州上陸となったポルトでも
 
加入初年度の2009-10シーズンにいきなりリーグ戦25ゴールで
 
得点ランク2位に入る大活躍。
 
翌シーズンはヨーロッパリーグでの10試合11ゴールという
 
驚異的な得点率で欧州制覇に貢献し、
 
その数字を引っさげて加入したアトレティコでも
 
加入した2011-12シーズンから順調にゴールを積み重ね、
 
個人でのヨーロッパリーグ2シーズン連続得点王と連覇を経験。
 
リーグ戦でもメッシとロナウドに次いで得点ランク3位に輝き、
 
一躍トップストライカーの仲間入りを果たしました。
 
 
 
他にも長友佑都のチームメイトに当たるインテルのフレディ・グアリン、
 
ミランでもレギュラーポジションを掴んだ感のあるクリスティアン・サパタ、
 
ポルトでリーグ得点ランクトップを独走するジャクソン・マルティネス、
 
そしてウディネーゼで結果を出し始めている弱冠22歳のルイス・ムリエルなど、
 
ヨーロッパでも注目銘柄として名前が挙がるような
 
逸材が現代表にはずらりと顔を揃えており、
 
国民も久々のワールドカップ出場を熱望しているのは間違いありません。
 
 
 
南米予選では6試合を残して、
 
前述したように勝ち点19の3位に付けているコロンビア。
 
次のゲームは首位アルゼンチンとのアウェイゲーム。
 
この一戦は単なる予選の1試合ではなく、
 
コロンビアにとっては国の威信を懸けた重要なゲームになるでしょう。
 
コロンブスからその名を授かった南米の雄。
 
雌伏の時を経て、再び世界という名の大海原へ打って出る準備は整いました。
 
 

 
写真は僕のコレクションシリーズ、98年W杯のステッカーです。
 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts