今シーズンから過去の日本代表のゲームを、当時の関係者をスタジオにお招きして、フルマッチで振り返ってもらう『蹴球日本代表監督史』という番組をJ SPORTSで放送しています。
8回目の放送になった今回からスタッフに加わったのですが、そのカードは2001年11月7日に開催された日本対イタリア。
埼玉スタジアム2002の代表戦こけら落としとなったこのゲーム、実は僕もスタジアムで見ていたんです!
 
 
当時は翌年に控えた日韓ワールドカップの影響もあり、国内の代表戦の盛り上がりも最高潮。
しかも、この一戦は前述した埼スタのこけら落としに加え、イタリア代表がガチメンバーで臨むということもあって注目度もMAX。
トッティ、デル・ピエロ、インザーギ、カンナバーロ、ネスタ、ブッフォンとスーパースターも勢揃いして来日し、日本のサッカーファンを喜ばせてくれました。
 
 
そんなゲームだったので、当然チケットは早々に売り切れ。
それでも、どうしてもこの試合だけは見たかったので、人生で初めてヤフオクを使い、2枚で3万5千円(!)という金額でチケットを入手し、妹と一緒に埼スタへ行ったんです(笑)
でも、それぐらい価値のある試合だったなと、今でも思い出すような90分間でした。
 
 
番組ゲストは当時のフラット3の一角を担っていた森岡隆三さんと、トルシエジャパンの申し子的な存在だった明神智和さん。
実況はおなじみの倉敷保雄さん。
僕がサッカーを仕事にしなくてはと確信した2002年のワールドカップをピッチで、また放送席で戦っていた方々と、時を越えて仕事でご一緒できたのは非常に嬉しかったですねえ。
 
 
是非お時間ある方は『蹴球日本代表監督史』、ご覧になってみてください!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts