全世界の注目を集めて行われた
 
2012-13シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝1st-Leg。
 
同じ国のリーグに属するチーム同士の対戦。
 
ドイツのバイエルン・ミュンヘンとスペインのパルセロナ。
 
ドイツのボルシア・ドルトムントとスペインのレアル・マドリー。
 
結果どちらの試合も、ドイツ勢が驚異の4ゴールを奪い、
 
ホームで快勝するという偶然の一致を見ることになりました。
 
 
 
過去、1992-93シーズンに現行のUCLが確立して以降、
 
ファイナルが同国対決となったのは全部で3回。
 
2000-01シーズンのバレンシア対レアル・マドリー。
 
2002-03シーズンのミラン対ユヴェントス。
 
そして、2007-08シーズンのチェルシー対マンチェスター・ユナイテッド。
 
それぞれ異なる3つの国の猛者たちが
 
最後の2強を共に占めるという快挙を達成しています。
 
 
 
その中でも、過去の3回に共通していたこととは
 
セミファイナルにその国のクラブが3チーム残っていたということ。
 
2001-02シーズンならバルセロナが、
 
2002-03シーズンならインテルが、
 
2007-08シーズンならリヴァプールが、
 
それぞれファイナルを目前にして涙を呑んで来ました。
 
 
 
それゆえに今回のような完全なる2国間の
 
セミファイナルにおける対立構図は大会史上初。
 
4チームがお互いのリーグの威信を懸けて、
 
同国決勝を引き寄せるべく180分間の激闘に足を踏み入れたわけです。
 
 
 
結果は前述した通り、ドイツ勢が奇しくも4ゴールずつを奪い合って完勝。
 
バイエルンはトーマス・ミュラーの2ゴールに、
 
今シーズンはスタメン落ちも経験し、苦しんできたマリオ・ゴメスも1ゴール。
 
一方のドルトムントは、国内リーグでもトップスコアラーをひた走る
 
ロベルト・レヴァンドフスキがまさかのハットトリックプラスワンの4ゴール。
 
バルセロナ、レアル・マドリーという世界に名だたる名門が
 
成す術なく敗れ去る姿は衝撃的ですらありました。
 
 
 
セミファイナル2nd-Legは1週間後の30日と5月1日。
 
果たしてドイツ勢がこのままウェンブリーでの最終決戦へ駒を進めるのか。
 
はたまた、スペインの雄が奇跡を起こすのか。
 
サンチャゴ・ベルナベウとカンプ・ノウ。
 
2つのピッチが決着の時を静かに待っています。
 
 

 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts