この前の日曜日の午前3時すぎ、アルゼンチン北部の広範囲で巨大な火の玉が目撃された。
 
天空で2秒ほど激しく光り、まるで昼間のような明るさになった。
 
その瞬間が防犯カメラに捉えられた映像が無数にあり、ニュースでも大騒ぎになった。
 
もちろん、その正体は隕石だ。
 
しかし、この火の玉は何と9つの州で確認されており、ロシアに落下したものよりはるかに大きい可能性がある。
 
 
 
その10日ほど前には、深夜0時頃、ある地域で爆発音のようなものが聞こえ、
 
多くの建物の窓や扉が振動するという出来事があった。
 
これも隕石と見られている。
 
一昨年の9月には2軒の民家と数台の自動車が吹き飛び、1名が死亡、
 
8名が負傷する原因不明の爆発があり、これも隕石説が強い。
 
またUFOの目撃や映像も多く、何やらアルゼンチンは宇宙からの玄関になっているようだ。
 
 
 
元代表のオルテガを覚えているだろうか。
 
時には持ちすぎでゲームを壊すこともあったが、南米らしい自由奔放なテクニシャンで、ホルヘは好きだった。
 
酒呑みで仕舞にはアル中になったが、その点も共感できた。
 
イタリアから帰国後はリーベルの主軸だったが、酒のトラブルもあり、
 
晩年は2部リーグでプレーすることも強いられ、昨年38歳で引退した。

そのオルテガが、自動車強盗にあった。
 
友人を乗せて走っていると2台の車に道をふさがれ、完全武装した犯人に金から
 
貴重品、ケータイ、そして高級車すべてを奪われた。
 
彼が強盗に車を取られるのは2回目なので、本当についてない。

自動車はBMWのM1で、アルゼンチンには5台か6台しかないらしい。
 
したがって犯人も簡単に処分できないのではないか、つまり発見されるのではないかとの見方もある。
 
自動車泥棒は組織化されていて、解体して部品番号まで消して売りさばくことが多いが、希少な車だとパーツの需要もない。

今回の事件で面白いのは、現場がオルテガの家の近くだったので、犯人たちは彼の友人を人質にして、
 
「家からもっと金を持ってこい」とオルテガに命じて開放したこと。
 
しかしオルテガが戻って来なかったので、人質を降ろして逃げ去った。
 
友人にしてみれば、オルテガに見捨てられたも同然。
 
今後の友情はどうなるのだろう。
 
 

 

 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts