いよいよ15日に日本対ブラジルで開幕を迎える
 
FIFAコンフェデレーションズカップ2013。
 
ブラジル、イタリア、メキシコと
 
ワールドカップ本大会でもベスト4を十分狙える
 
強豪揃いのグループに組み込まれた日本代表。
 
今までにない相手と真剣勝負の中で得られたものは、
 
間違いなく1年後の本大会にも生きてくることでしょう。
 
 
 
さて、日本とは逆側のグループに
 
あまり耳慣れない代表チームが組み込まれています。
 
そのチームとは、タヒチ代表!
 
FIFAランクは138位。ブラジルが22位という時点で
 
あまり意味を成さないランキングではあるのですが、
 
それにしても低過ぎる数字です。
 
 
 
コンフェデレーションズカップというだけあって、
 
各大陸のチャンピオンが集う大会ですから、
 
当然タヒチも大陸王者ということ。
 
2012年に行われたOFCネーションズカップで
 
見事優勝して今回ブラジルへとやってきています。
 
 
 
やはりオセアニアというと、2010年南アフリカW杯では
 
イタリアとの対戦を含む3試合いずれもドローで
 
世界にその実力を見せ付けた
 
ニュージーランド1強とイメージがあるはずですが、
 
今回のOFCネーションズカップでは
 
準決勝でニューカレドニアの前に0-2で敗退。
 
そのニューカレドニアを決勝で下したタヒチが
 
出場権を獲得したというわけです。
 
 
 
ちなみに過去の戦跡を紐解いても、
 
W杯予選は1994年大会に初めてエントリーしてから6大会連続で敗退。
 
OFCネーションズカップも3度の準優勝はあったものの、
 
優勝を勝ち取るのは今回が初めて。
 
当然世界的なコンペティションを戦うのも史上初となります。
 
 
 
チームで唯一の海外組は
 
フランスのナンシーに所属しているマラマ・ヴァイリュア。
 
ナント、リール、ロリアンを渡り歩き、2010年にナンシーへ加入。
 
一咋シーズンはモナコ、昨シーズンはギリシャのパントラキコスで
 
レギュラーとしてプレーするなど、
 
ヨーロッパでのプレーキャリアも豊富な選手です。
 
元々U-21フランス代表招集歴もありましたが、
 
今回母国がコンフェデレーションズカップに挑むということで、
 
タヒチ代表入りを決断。
 
33歳にして初めて母国の誇りを胸に抱いた
 
ユニフォームへ袖を通すことになりました。
 
 
 
当然厳しい戦いを強いられるのは間違いないと思いますが、
 
是非タヒチには下馬評を覆すような
 
いいサッカーを見せて欲しいですね。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
写真はヴァイリュアが所属していたリールのホームスタジアムです。
 
 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts