本日(7/13)、J SPORTSがJ1のLIVE放送カードとしてお届けするのは
 
昇格組対決となったヴァンフォーレ甲府と湘南ベルマーレの一戦。
 
一見渋いチョイスのように見えるかもしれませんが、
 
私は確信を持って小瀬からお届けするこのゲームをオススメします。
 
 
 
2009年11月21日。長かったJ2も残すはわずかに3試合。
 
甲府4位、湘南3位で迎えた第49節。
 
勝ち点は共に91。得失点差でわずかに湘南が1上回るという、
 
恐ろしく拮抗した状況下で訪れた昇格争い直接対決。
 
戦前の予想に違わぬ凄まじい展開となったゲームは、
 
開始10分間でアウェイの湘南が2点を先制するも、
 
25分に1点を返した甲府が後半は押し気味にゲームを進め、
 
62分にとうとう同点ゴール。スコアを振り出しに戻します。
 
 
 
白熱の一戦もドロー決着濃厚と思われた、
 
後半アディショナルタイムに訪れた決着の瞬間。
 
湘南のラストチャンス。
 
クロスバーに当たったボールが選んだのは、
 
9年間に渡って“J2のベルマーレ”を支え続けてきた坂本紘司。
 
利き足の左足から振り抜かれたボールは、
 
サポーターの目の前に立つゴールネットを揺さぶります。
 
ファイナルスコアは2-3。
 
この勝利を経た湘南は、最終節でも奇跡的な逆転劇を繰り広げ、
 
11年ぶりのJ1復帰を果たすことになりました。
  
 
 
2012年10月14日。
 
甲府首位、湘南2位で迎えた第38節。
 
引き分け以上で甲府の昇格が決まるという一戦も手に汗握る好ゲームに。
 
28分に先制したのは湘南。
 
50分に追い付いたのは甲府。
 
直後、51分に突き放したのは湘南。
 
62分に得点ランキング首位を独走していた
 
ダヴィのゴールで追い付いたのは甲府。
 
ホームで昇格を決めたい甲府と、
 
目の前での歓喜は阻止したい湘南が
 
最後の1秒まで足を止めることなく戦い続けた
 
激闘の帰結は2-2のドロー。
 
甲府が1年でのJ1復帰を手中に収め、
 
首位相手に互角以上の内容を披露した湘南は、
 
結果的に最終節で劇的な逆転昇格を勝ち取ることになりました。
 
 
 
共に現地取材していたこの2試合は、
 
個人的にもJリーグ取材歴の中で屈指の
 
印象に残るゲームだったこともあり、
 
「小瀬での甲府対湘南は間違いなく好ゲームになる」という法則が、
 
私の中では勝手に出来上がっています(笑)
 
キックオフは18時34分。今節は是非この昇格組対決に注目してみて下さい!
 
 
130713
 
 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts