7月9日はアルゼンチンの独立記念日だった。
 
1810年の5月25日に革命が決議され、スペイン軍との戦いの末、1816年の7月9日に独立が宣言された。
 
というわけで、この両日は数ある祭日の中でとても重要なものとなっている。
 
 
 
ブエノスアイレス市の目抜き通りヌエベ・デ・フリオも独立記念日から名づけられた。
 
ヌエベが9でフリオが7月だ。事実がどうかは知らないが、世界で最も広い道路だとアルゼンチン人は自慢している。
 
 
 
道幅は120メートル以上あってたしかに広いが、これは3本の道路によるもの。
 
ヌエベ・デ・フリオから緑地帯を挟んだ側道に当たる部分には別の名称がある。
 
しかし側道を含めてヌエベ・デ・フリオとし、世界1だと言っている。
 
 
 
これだけ道幅が広いと1回の信号では渡れず、中央分離帯というか緑地帯で待つことになる。
 
この緑地帯も約15メートルと広い。側道、緑地帯、ヌエベ・デ・フリオ上り、緑地帯、ヌエベ・デ・フリオ下り、
 
緑地帯、側道というように、道路と緑地帯が層になっている。
 
 
 
幹線道路としても重要で、側道には多くの路線バスが通り、これが渋滞の元になっている。
 
停留所が約200メートルごとにあることも影響し、ラッシュ時には遅々として進まない。
 
 
 
そこで、元ボカの会長だったマクリ市長が、バス専用レーンを造ることにした。
 
それも、単に現在ある車線を専用レーンに切り替えるのではなく、ヌエベ・デ・フリオの上りと下りの間の緑地帯を潰して、
 
新たに造るというもの。そして、停留所は約400メートル間隔にするという。
 
 
 
同様のことは、ベレスのスタジアムの前を通るフアン・ベ・デ・フストですでに行われ、
 
路線バスでの通勤時間が大幅に短縮されるという成果を残した。
 
 
 
しかし、この計画に反対の者もいた。
 
工事に着工後、緑地を潰し自然を破壊するのは許せない、と訴えたグループがあった。
 
これで一時工事は中断された。このグループは大統領支持派。
 
大統領とマクリは政敵で、様々な場面でやりあっている。
 
この反対運動も、マクリへの嫌がらせにすぎない。
 
 
 
結局工事は再開され、現在はいくつかの停留所が設置されるなど、見慣れたヌエベ・デ・フリオが少しずつ姿を変えている。
 
 
DSC01149

DSC01154
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts