ロサリオ市の中心街でマンションが爆発し多くの死傷者を出した。
 
原因はガス漏れだが、ガスの圧力が少ないとの苦情から、修理をしていたところ
 
ガスが噴き出して止まらなくなったもの。
 
管理人によると、修理をしていた人間は、「爆発する」と叫んで一目散に逃げ出したという。
 
 
 
この爆発で9階建ての1棟が跡形もなく崩壊した。
 
地震がない国だけに、衝撃に耐えるように造られていない。
 
日本のビルなら、大丈夫だったと思う。
 
数日がかりで瓦礫の中から行方不明者を捜索し、結局21名の死亡が確認された。
 
 
 
ロサリオはメッシの故郷であり、バルサの新監督なったマルティーノが
 
選手、監督として在籍したニューウェルスがある街。
 
両者はバルサのツアー先から、哀悼と励ましのメッセージを送った。
 
 
DSC_0046
 
 
この大惨事により、11日が投票日だった選挙のキャンペーンも自粛された。
 
この選挙は10月に行われる国政選挙の予備選挙。
 
今回の選挙で一定の得票数に至らないと、本選挙に出馬できない。
 
 
 
フェルナンデス大統領は、現在の2選が限度となっている憲法を改正して、3選、4選を目指している。
 
そのためには、10月の選挙で自身が率いる与党が大勝しなければならない。
 
したがって、今回の予備選も重要なものだった。
 
 
 
若者に人気の高いフェルナンデスは、彼らの票を得るために、今回の選挙から16歳以上に投票権を与えた。 
 
18歳以上は義務だが、16,17歳も投票できるようにしたのだ。
 
しかしその策も実らず、前回の選挙と比較すると与党への投票は約400万票も減少した。
 
 
 
このままでは、10月の本選挙での大勝は不可能。日本同様、憲法改正は容易ではないようだ。
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts