この前の日曜日にリーベル対ボカのスーペルクラシコが行われた。
 
昨季は、ビアンチが監督に復帰しながら大不振だったボカは、
 
ここまで5勝1分け3敗の勝ち点16。
 
今季ベレスから加入した代表のガゴと大黒柱リケルメの2人が故障で戦列を離れることが多く、
 
2節前からやっと両輪が揃った。
 
 
 
一方のリーベルはコロンビア代表FWのグティエレスや
 
パラグアイ代表MFファブロを獲得したが、得点力が今一つ。
 
4勝2分け3敗の勝ち点14で首位のニューウェルスとは6差開いている。
 
ホームでの一戦をきっちりものにし、優勝争いに踏みとどまりたいところだ。
 
 
 
今回のスーペルクラシコは、スタジアムの様子がいつもとかなり違った。
 
片方のゴール裏2階席にいるはずのボカサポーターがいないのだ。
 
本来は、今季の第2節までの予定だったアウェイサポーターを入場させない措置が、
 
今期一杯まで延長されたため。通常ホームチームは、
 
アウェイチームに3000枚程度のチケットを渡すが、今季はこれがない。
 
 
 
度重なる死傷事件を防止するための措置だが、もちろんサポーターには大不評。
 
アウェイサポーターの入場を認めるかどうか、サッカー協会で何度も会議が行われた。
 
そこでのクラブ側の意見は、大部分が現状を歓迎していた。
 
というのは、アウェイのサポーターがいないと、警備費を大幅に削減できるからだ。
 
クラブは民間警備員いがいにも、スタジアム内外や周辺の警備を警察に依頼する。
 
そして、これが有料でバカにならない。
 
スーペルクラシコクラスだと、2000人以上の警官を動員する。
 
しかしアウェイ不在なら、これほどの人数はいらない。
 
 
 
また、アウェイを入れると、ホーム席とアウェイ席の間に
 
大規模な緩衝地帯(無人スタンド)を設けなければならない。
 
人気のあるクラブは、緩衝地帯を無くしホームのサポーターだけで満員にした方が儲かる。
 
人気のないクラブも、一般入場券という形で自由に価格設定したチケットを
 
アウェイサポーターに直接売れば、約3000枚をアウェイクラブに渡すよりはるかにおいしい。
 
一般客(ニュートラル)という形にしてアウェイを入れれば警備費の削減はできないが、
 
オリンポはボカを迎えたとき、通常の5倍以上の1000ペソでチケットを売って利益を出した。
 
 
 
さて試合の方は、リーベルが終始優勢ながらボカGKオリオンの好守とゴールポストに再三再四シュートを阻まれ、
 
22分にジグリオッティが挙げたゴールを守り切ったボカが勝利を飾った。

DSC_0105
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts