高校選手権の東京予選もいよいよ大詰め。
 
今週末には西が丘でAブロックが土曜日に、
 
Bブロックが日曜日に、それぞれセミファイナルを迎えます。
 
当然全国出場というのはどの学校も最大の目標として置く中で、
 
東海大高輪台の杉山純一監督が
 
「西が丘で自分たちの力を120%出すことを合言葉にやっているところもある」と話したように、
 
聖地“西が丘”という舞台が、やはり東京の高校生にとっては
 
特別な響きを持って捉えられているのは間違いありません。
 
今日はそんな“西が丘”で行われる土曜日と日曜日のそれぞれ2試合を
 
見所と添えてご紹介したいと思います。
 
 
 
【Aブロック】
11月9日 11:00 K・O
成立学園高校×東海大付属高輪台高校

 
インターハイ予選では見事に東京を制し、全国切符を獲得した成立学園。浅野裕永(3年・鹿島アントラーズつくばJY)や中村諒介(3年・武南JY)など、攻撃陣にはタレントが揃い、最後尾にも中座大輔(3年・ソシエタ伊勢FC)と芝崎寛文(3年・柏レイソルU-15)という、都内屈指の実力を誇るGKが1つのポジションを巡って激しい定位置争いを繰り広げる。一方の東海大高輪台は荒川真作(3年・FC駒沢)、金子真彦(3年・川口戸塚西中)、伊藤竜之介(3年・ヴェルディSS調布)の3トップを中心に個人技を主体にした攻撃サッカーを標榜。ボールロストが極端に少ない吉野崚平(3年・川口在家中)を司令塔に、初優勝を十分その視界に捉えているはず。攻め合い必至の好ゲームが予想される。
 
 
 
11月9日 13:00 K・O
東海大付属菅生高校×修徳高校

 
2年続けて西が丘のセミファイナルへと駒を進めてきた東海大菅生。チームの目標を「全国で勝つこと」と手塚弘利監督は明確に掲げており、昨年超えを虎視眈々と狙う。ボランチを務めるキャプテン榎戸皓平(3年・FC東京U-15むさし)を軸にして、攻守のハードワークは勝利への絶対条件。小柄ながら得点に絡める小澤智也(3年・FC杉野)をどこまで生かせるか。対するディフェンデインングチャンピオンの修徳は、トーナメントに無類の勝負強さを発揮。池田晃輔(3年・埼玉ユナイテッドFCフェスタ)と久保祐貴(3年・習志野第一中)の昨年の全国も経験したドイスボランチが中盤を締め、田上真伍(3年・FC東京U-15深川)や佐藤悠輝(3年・FC東京U-15深川)が少ない決定機をモノにする。実力伯仲の一戦で勝敗の予想は困難。
 
 
 
【Bブロック】
11月10日 11:00 K・O
帝京高校×駒澤大学付属高校

 
ここ3年は全国を逃してきた名門・帝京も、昨年には荒谷守監督、今年は日比威コーチと全国優勝を知る指導陣が続々と集結。“帝京魂”の復権を掲げる。得点源の柳下大樹(3年・浦和レッズJY)が見せるヘディングの強さは全国レベル。CBの小川一矢(3年・FCトッカーノ)、アタッカーの竜崎廉(3年・FC駒沢)など個々の能力は低くないだけに、あとはここ数年で出し切れなかった勝負強さが鍵を握る。一方の駒澤大学高は、いわゆる“インテンシティ”の高さで他の追随を許さない、最後まで頑張れるチーム。指揮官がプロでもやれそうな素材として名前を挙げる大川雅史(3年・フッチFC)、チームに安定感をもたらすボランチ尾門泰(3年・東急レイエスFC)、キャプテンマークを巻くCB渡邉愛一朗(3年・インテリオール)とセンターラインに背骨が通り、こちらも3年ぶりの全国を堂々と狙う。
 
 
 
11月9日 13:00 K・O
東京実業高校×國學院久我山高校

 
インターハイ予選では前回王者の実践学園を沈めるなど、3年ぶりの西が丘へ意気上がるのは東京実業。10番を背負うキャプテンの荻原脩作(3年・横浜市場中)が絶対的なチームの支柱。CBの高橋竜功(3年・川崎東橘中)や佐藤太造(3年・MKFC)など、各ポジションにもポイントゲッターが並び、東京に旋風を巻き起こす。対峙するのは今季の都内最強チームとも呼び声高い國學院久我山。富樫佑太(3年・ジェファFC)、渡辺夏彦(3年・FCトリプレッタ)、平野佑一(3年・東京ヴェルディJY)と全国を経験した1年生トリオも最上級生に。国体で日本一を経験した鴻巣良真(2年・ジェファFC)や内藤健太(2年・Forza’02)といった2年生中心のDFラインも安定感を増しており、目指すは西が丘のその先、全国での戴冠が最大の目標だ。
 
 
 
今週の土曜と日曜は西が丘がアツいですよ!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts