「この世界にはまだまだ知らないことがある」
 
当然ではあるものの、なかなかそういう事実を改めて実感することは
 
大人になると少なくなってくるのかもしれません。
 
 
 
東京都クラブユースU-17サッカー選手権。
 
東京のクラブユース連盟に所属する14のクラブが参加し、
 
10月の1次リーグを勝ち抜いたチームが
 
1月中旬からスタートする決勝リーグへ駒を進めます。
 
大会自体は確か4年ほど前から実際に取材していたものの、
 
対象となっていたのはFC東京U-18や
 
東京ヴェルディユースといったJクラブユース勢。
 
あるいは三菱養和SCユースや横河武蔵野FCユースといった
 
いわゆる強豪にカテゴライズされる街クラブ。
 
それ以外のチームはあまりよく知らなかったというのが正直な所です。
 
 
 
とあるキッカケで今年は決勝リーグに参加した
 
全8チームを取材することができました。
 
例えば東京ヴェルディユースや三菱養和SCユースは
 
高校年代最高峰の高円宮杯プレミアリーグEASTに所属しています。
 
例えば杉並アヤックスというチームは
 
今年は地区リーグ2部で戦っていたそうで、
 
両者の間には実に6つものカテゴリーが存在しているのです。
 
 
 
そんなチーム同士が激突するこの舞台は
 
さながら天皇杯のようなロマンも併せ持ち、
 
カテゴリーが下のチームからすれば
 
「強いチームと戦えるだけで経験になる」というような
 
感覚なのかなあと勝手に思っていました。
 
 
 
そんなこと、全然ないんです。
 
 
 
プリンス関東に所属しているFC東京U-18を相手に、
 
終了間際の決勝ゴールで敗れたものの、1-2というスコアも含めて、
 
傍から見たら大健闘したように見えたFC町田ゼルビアユース。
 
ところが、試合後にお話を伺った竹中穣監督は
 
「スコアだけが収穫かなと。内容は散々というか、
 
どっちかというとネガティブな捉え方しかしていない」とバッサリ。
 
ただ、これって本気で勝ちに行っていたからこその本音ですよね。
 
 
 
FC東京U-18相手に1-4、東京ヴェルディユース相手に2-5。
 
東京高校年代のピラミッドにおいては頂点に君臨し続けている
 
2つのJクラブ相手にゴールを挙げるなど、
 
今大会で大きな存在感を発揮した杉並ソシオ。
 
ところが、こちらも西野泰治監督はやや不満そうな様子。
 
「守備の考え方は変えたけど、攻撃の考え方は全然変えていないので、
 
相手のフィジカルが高くなったり、相手が強くなったりすると
 
その攻撃が出せないのは厳しい」とのこと。
 
相手のレベルを考えて、守備面ではいつもと違って
 
ブロックを組むようなやり方を選手に与えたものの、
 
攻撃はいつも通りにやらせたのにできていないと。
 
コレって目指す所があまりにも明確ですよね。
 
 
 
カテゴリーだけを捉えて、
 
一見“格上”と“格下”の対戦というイメージを抱きがちなゲームも、
 
当事者にお話を伺うと、その抱えた志に唸らせられることも多々。
 
まだまだサッカーの裾野は広いですね。
 
「この世界にはまだまだ知らないことがある」
 
東京都クラブユースU-17サッカー選手権。
 
改めてそのことを体感させてくれた大会でした。
 
 
onoji0202
 
写真はFC町田ゼルビア対杉並ソシオの一コマです。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts