2003年にJ SPORTSへ入社した私が最初に担当したコンテンツはJ2の中継でした。
 
当時のチーム数は12。
 
カメラもわずかに2台体制で、スローVTRはその直前に見ていた映像の速度が
 
本当に“スロー”になっただけ。
 
今から考えるとある意味で画期的な中継だったのかなと(笑)
 
 
 
ちなみにその2003年シーズンのJ2で優勝したのは
 
初めてのJ1昇格となったアルビレックス新潟。
 
2位でのJ1復帰となったのがサンフレッチェ広島。
 
一時は昇格争いに加わっていたヴァンフォーレ甲府は5位、大宮アルディージャは6位。
 
そして順位表の一番下にいたのは44試合でわずか3勝。
 
1つ上の順位のチームとすら勝ち点20の差をつけられ、
 
圧倒的最下位となったサガン鳥栖でした。
 
 
 
2005年3月。
 
当時担当していた「Foot!THURSDAY」という番組では、他にどこもやっていないからという理由で
 
J2ハイライトを開始しました。
 
 
 
3月5日の開幕戦。
 
私が人生で初めて作成したJリーグのハイライトはベガルタ仙台と徳島ヴォルティスの一戦。
 
JFLから悲願の昇格を果たしたヴォルティスにとって
 
記念すべきJリーグデビュー戦となったこのゲームは、大方の予想を裏切って昇格チームが大健闘。
 
その前年はJ1を戦っていたベガルタ相手にアウェイで3ゴールを奪って快勝。
 
おそらくヴォルティスのクラブ史に残るような90分間だったのは間違いないはずです。
 
 
 
それから10年近い時が経ち、Jリーグの勢力図は大きく様変わりしました。
 
2003年にJ2で最下位を独走していたサガンは
 
今やトップディビジョンで優勝争いを繰り広げるまでに成長。
 
アルビレックスやアルディージャは完全にJ1のクラブとして認識されています。
 
 
 
さらにベガルタもここ数年の間にアジア王者を決定するAFCチャンピオンズリーグへ
 
出場するまでの結果を残し、ヴォルティスもとうとう四国勢として初となる
 
J1でのプレー権利を昇格プレーオフの末に勝ち取り、今シーズンは苦しみながらも
 
日々強豪クラブと対峙し続けています。
 
 
 
J SPORTSがゴールデンウィークにお届けするJ1の中継カードは
 
5月3日がヴォルティス対ベガルタ@鳴門大塚で、5月6日がサガン対レイソル@ベアスタ。
 
約10年前には2台のカメラで放送していた“J2のスタジアム”で、
 
J1の中継に立ち会うという不思議な巡り合わせを感じながら、
 
皆さんへ映像を送り届けたいと思っています。
 
 
140504tosu_station
 
写真は鳥栖駅の表札。スタジアムのイラストがかわいいですね!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts