皆さんは「AOMORI GOAL」をご存知でしょうか?
 
 
2009年に創刊され、青森県のサッカーとフットサル情報に特化した
今年でスタートから10年目を迎える雑誌が「AOMORI GOAL」なんです。
 
 
実は先週、その「AOMORI GOAL」を支える松坂匡克編集長と
同誌のライターを務める小野ななさんに『Foot!WEDNESDAY』へお越しいただき、
創刊からこれまでの経緯や、雑誌に込められた思いなどを
存分に話していただきました!
 
 
創刊当初は本当に右も左もわからなかったということで
スポンサーを集めるのにアディダス、ナイキ、プーマへ順番に電話して
すべて断られたエピソードとか(笑)
初めて青森山田が高校選手権で国立競技場まで勝ち上がった時も
カメラマンの位置で普通のデジカメを持っていって
肩身の狭い思いをしたエピソードのような(笑)“鉄板ネタ”から
そもそも創刊のきっかけになったヴァンラーレ八戸が
10年の時を経て今シーズンからJ3リーグに参入することへ対する想いだったり
これからの青森県サッカー界にどうなっていって欲しいかなど
実に“AOMORI愛”に溢れる30分だったと思います。
 
 
我々スタッフも事前に八戸の編集部にオジャマして
仕事風景等々を撮影させて頂いたのですが
僕が個人的に大興奮したのがバックナンバー倉庫!
2009年からの青森県サッカー界の歴史がすべて詰まっていただけに
資料性の価値が高すぎて、正直全号欲しくなるレベルでした(笑)
 
 
世の中にはサッカーに熱く向き合っている方が
まだまだたくさんいらっしゃるんだなあと
改めて自分の仕事への向き合い方を見つめ直すキッカケを戴いた気がしています。
 
 
皆さんも是非「AOMORI GOAL」に注目してみてください!
 
 
「AOMORI GOAL」のサイトはこちら↓
https://aomori-goal.com/


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts