汚い話なので、食事中の方はご遠慮ください。
 
 
 
南米の多くの場所では、便器にトイレットペーパーを流せない。
 
紙が粗悪で溶けにくいのと、下水の配管が細いので詰まってしまうのだ。
 
アルゼンチンやブラジルでも都会は日本と同じだが、地方に行くと流せないことが多い。
 
 
 
ホルヘは一度エクアドルの首都キトのホテルで、トイレットペーパーを詰まらせて
 
怒られたことがある。
 
三ツ星クラスだったが、首都のホテルですらこのざまだ。
 
もっとも、五つ星のホテルは水圧も強く問題なく流れた。
 
 
 
では、流せないのなら使用済みの紙をどうするのか。
 
答えは簡単。個室内のゴミ箱に捨てるのだ。
 
このゴミ箱は、蓋のないものがほとんど。
 
男子トイレの個室というのは、大きい方をするためにある。
 
そして使用済みのトイレットペーパーとは、お尻を拭いた紙だ。
 
想像してほしい、その紙がゴミ箱に溜まっている状態を。
 
 
 
マナーとしては、便が見えないよう折りたたみ、さらにそれを新たなペーパーで包むのだが、
 
マナー違反も多いし、紙が少ない場合は包むことができない。
 
そうなると、ゴミ箱の中には茶色いものが付いた紙があふれることになる。
 
 
 
ホルヘは胃腸が弱いので、しょっちゅう個室を利用する。
 
それでも、あのゴミ箱にはなかなか慣れない。
 
普通のゴミ箱でも嫌悪感があるのに、ボゴタの空港トイレのゴミ箱はとてつもないものだった。
 
「捨てやすいように」との配慮からなのか、ゴミ箱が右手側の高い位置にある。
 
便座に座って右を見ると、目の前にゴミ箱の最上部が口を開けている。
 
とにかく、顔から近いのだ。
 
なにやら臭いも漂っているような気がする。
 
その先あるトイレットペーパーを取ろうとすると、さらに顔がゴミ箱に近づく。
 
落ち着いて用など足せない、最悪のトイレだった。
 
IMG_0243


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts