正月の2日からヒザに痛風の発作が出たホルヘ。
 
3日と4日は病状が進行し、患部はかなり腫れ、曲げることはまったくできない状況。
 
5日になって悪化は収まり、6日から急激に快方へ向かった。
 
腫れと痛みがひいて、ヒザも徐々に曲げられるようになった。
 
捻挫や打撲であれほどの腫れと痛みがあったとしたら、これほどの回復はありえない。
 
このあたりが、痛風の面白いところだ。
 
 
 
7日には、毎年参加している新年会があった。
 
この件を医師に相談すると、「腫れがひけば、行っても大丈夫」だという。
 
しかし、残念なことに会場は座敷。
 
さすがにこの脚では座敷は無理と判断し、泣く泣く欠席。
 
ところが捨てる神あらば拾う神ありで、翌8日の新年会が飛び込みで入ってきた。
 
会場は掘り炬燵。これなら大丈夫だ。
 
 
 
この新年会は、集英社のスポルティーバが主催。
 
嬉しいことに会費無し。ご招待だ。
 
脚を引きずるホルヘを見て、「どうしたの」と知人たちが訊いてくる。
 
「痛風になった」と答えると、「じゃあ、ビールはだめだね」などと、余計なお節介をいう。
 
それを無視してビールで口火を切り、あとはイモ焼酎のロックを重ねて久々の酒を堪能する。
 
 
 
お開きとなったころには、ちょうどいい酔い具合。
 
二次会もあるようだが、病み上がりなので失礼するつもりだった。
 
しかし、集英社はなんと太っ腹なことか、二次会も招待だという。
 
据え膳食わぬは男の恥というが、タダ酒吞まぬはホルヘの恥だ。
 
喜んで参加することにした。
 
 
 
一次会は新宿西口の副都心で、二次会は東口の繁華街。
 
同じ駅の東側と西側だが、かなり距離がある。
 
普通に歩いて15分はかかるだろうか。
 
地下道の階段を下ったり上ったりもする。
 
ホルヘを気遣い、「ゆっくりでいいですよ」といってくれるが、皆、酒が入っている。
 
仲間内で話しながら歩くうちに歩く速度は普通となり、
 
ホルヘはそれに遅れないようペースを上げる。
 
足を引きずりながら普通の人と一緒に歩くのは、かなり体力を使う。
 
軽いジョギングと同じくらいだ。
 
これで一挙に酔いが回り、二次会では多少の醜態をさらした。
 
 
 
13日は、昨年から予定していたゴルフコンペ。
 
このころになると、軽い痛みとかなりの違和感はあるものの、正座ができるまでになっていた。
 
12日には東京に初雪が降り、13日の朝も冷え込んでいた。
 
ゴルフ場の舗装された坂が凍結しており、そこで足を滑らせた。
 
右足で踏ん張って転倒はまぬがれたものの、それでヒザの状態が2日前に戻ってしまった。
 
 
 
アルゼンチンからの帰国直前、ゴルフの調子が上向きだったので、今回のコンペでは優勝を狙っていた。
 
しかしこのヒザではいかんともし難く、118打の大叩き。
 
おまけに、乗用カートだからヒザに負担はかからないと思っていたが、これも大間違い。
 
ゴルフというのは、スイングのたびにヒザを捻転させるものだった。
 
ラウンドを終えると、ヒザは再び腫れて熱をもっていた。
 
これで4日前に逆戻り。
 
24日にはサッカーの試合があるが、果たして出場できるであろうか。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts