日本代表が大量得点で連勝したアフガニスタンとシリア。
 
楽勝が予想されていたアフガン戦は、なかなかゴールが決まらず、観ていてモヤモヤ感があった。
 
しかし、グループ内最強の相手シリアとの一戦は、最高の試合だったと思う。
 
「最高」というのは、観ている者にとってだ。
 
強敵ゆえにゴールをこじ開けるのは簡単ではないながら、常に主導権を取って攻め続け、
 
先制点、追加点、突き放し、ダメ押しがナイスタイミングで決まった。
 
そして、「ヤバ!」「危ない」という場面が適度にあり
 
GKのファインプレーも生まれ、非常に見ごたえのある試合だった。
 
 
 
今後のことを考えれば、シュートミスが多いとか、不用意なピンチを招いたとか突っ込む点はあるだろうが、
 
そこまで完ぺきを求めるのも酷というもの。
 
日本は琴奨菊レベル。横綱相撲を期待してはならない。
 
 
 
横綱といえば、千秋楽での白鳳の変わり身。
 
あれが批判されるのは、相撲が単なるスポーツでなく、神事や伝統と結びつきの強いものだからだ。
 
ホルヘも伝統を重んじるので、土俵下の審判役親方を骨折に追い込んだダメ押しや、千秋楽の一番は邪道だと思う。
 
しかし、サッカーにはあれが必要だ。
 
「勝つためには何でもやる」という勝利への執念とマリーシアは、代表が白鳳から学ぶべきものだろう。
 
 
 
シリア戦で、山口が負傷し担架で運ばれた。
 
これを見て、「まだ変わっていないな」と思った。
 
以前アルゼンチンで、クラブW杯を観た知人から、「なんで子供が担架の係をやっているんだ」といわれたことがある。
 
アルゼンチンでは、下部リーグの試合でもなければ、負傷選手の搬送は電動カートだ。
 
それが自動車王国の日本で、トヨタプレゼンツの試合で、しかも日産スタジアムだというのに、カートでなく担架。
 
そりゃ、不思議に思うのも無理はない。
 
 
 
今はどうだか知らないが、日産スタジアムでは、芝の保護のためにカートが禁止らしい。
 
しかし頭を打って生死にかかわることもあるのだから、芝より搬送を優先してもらいたい。
 
どうしてもカートがダメなら、せめて担架の係を高校生のバイトでなく大人にしてほしい。
 
 
 
日本の高校生は、外国人から見れば子供である。
 
山口を運ぶときも、フラフラして危なっかしかった。
 
南米でもカートでなく担架で運ぶスタジアムはあるが、
 
少なくとも係員は大人で、救急車の隊員のような恰好をしていることもある。
 
負傷者を搬送するのだから、当事者はもちろん周囲にも
 
それなりの安心感をもたせるべきだと思うのだか、いかがだろうか。

DSC_0141


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts