いよいよ3位決定戦と
ファイナルを残すのみとなった
FIFA U-20ワールドカップ。
ここまで50試合を生中継してきた
スタッフの疲労も一線を超え始めた
昨今ではありますが(笑)
昨日のセミファイナルには
豪華な二人が解説として来てくれました!
 
 
1人は播戸竜二。
1人は南雄太。
1999年にナイジェリアで開催された
FIFA U-20ワールドカップで
(当時はワールドユースでしたね)
世界準優勝という快挙を達成した2人であり
いわゆる“黄金世代”を最前線で
牽引してきた2人でもある彼らが
ダブル解説という形で
ウクライナ×イタリアを喋ってくれました。
 
 
実は僕も地味に学年的に
“黄金世代”なんですけど(笑)
1999年なんてただただテレビの前で
「やっぱアイツらスゲーなー」みたいに
画面を眺めていただけの大学生でした。
 
 
それがこういう仕事を続けてきたおかげで
彼らと知りあい、仲良くなり、
あの歴史的快挙の20年後に
同じ大会を中継する機会に恵まれ、
彼らと一緒に仕事をすることになるなんて
本当に幸運だなあと改めて感じました。
 
 
中継自体も実況に倉敷保雄さんという
これまた日本屈指の方にご登場いただき
他にはないような唯一無二の
放送になったのかなと。
オンデマンドならいつでも見られますので
気になった方は是非チェックしてみてください!
 
 
スカマッカ!ピナモンティ!プリッツァーリ!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts