アルゼンチンリーグ後期は、ロサリオ市のニューウェルスが04年前期以来通算6回目の優勝を飾った。
 
パラグアイ代表から戻ってきたマルティーノ監督に元代表のマキシ・ロドリゲス、ヘインツェらが加わり、
 
19試合で40得点という破壊力を魅せつけた。
 
得点王もチームのストライカー、スコッコが獲得。
 
 
 
2位となったラヌースがアウェイで戦った第17節のエストゥディアンテス戦で、
 
0-1で負けていたラヌースのサポーターがハーフタイムにヒートアップ。
 
鎮圧のため警官隊が出動し、至近距離から発射されたゴム弾によりサポーター1名が死亡した。
 
このため残りの2節はゴム弾の使用が禁止され、アウェイサポーターを入れずに行われた。
 
 
 
今季の最も大きなニュースは、名門のインデペンディエンテの降格だ。
 
最終節を待たず、第18節のホームでサンロレンソに敗れて決まった。
 
今季の成績は12位だが、アルゼンチンリーグは3年間の平均勝ち点によるので、過去のツケを精算できなかった。
 
 
 
また名将ビアンチが復帰したボカも最悪のシーズンで、かろうじて最下位を逃れてのブービー。
 
リーグ終盤には得点源のシルバが公然と監督や役員を批判し、
 
チーム内はリケルメ派と反リケルメ派で真っ二つになっている。
 
ビアンチの続投は決まっているが、こんなチーム事情では采配どころではない。
 
来季も低迷すれば、2年後はボカが降格争いをしているかもしれない。
 
 
1DSC_0407
 
1DSC_0255
 
写真はシルバとビアンチ監督。

ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts