水曜日に行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦。
 
Jリーグ勢で唯一勝ち残っている柏レイソルは、
 
2011-12シーズンのサウジアラビアリーグ王者として
 
今大会に出場しているアル・シャバブと対戦。
 
代表定着を狙う工藤壮人のゴールで先制したものの、
 
前半終了間際にはブラジル代表8キャップを誇り、
 
2007年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもある
 
フェルナンド・メネガッゾ(私にとってはメネガッツォなんですが…)の
 
巧みなボレーで同点に。
 
試合終盤にはコロンビア現役代表のマクネリー・トーレスに
 
クロスバー直撃のシュートを見舞われながらも1-1で乗り切り、
 
来月開催される第2戦に突破の可能性を十分残しています。
 
 
 
フェルナンド・メネガッゾ(私にとってはメネガッツォなんですが…)や
 
マクネリー・トーレスという代表クラスの選手も抱えていたアル・シャバブ。
 
ただ、このチームで最も世界的に名前を知られているのは間違いなく“監督”。
 
その人の名前はミシェル・プロドーム。
 
言わずと知れたベルギー代表の守護神として、ワールドカップにも2回出場するなど、
 
当時は世界でも数本の指に入ると称された名GKでした。
 
 
 
あの頃のベルギー代表はヤン・クーレマンスがキャプテンマークを巻き、
 
中盤にエンツォ・シーフォが君臨。
 
最終ラインにはガラタサライで稲本潤一を指導したエリック・ゲレツが鎮座するなど、
 
タレントも非常に豊富で、プロドームは最終的にメンバーから漏れましたが、
 
1986年にはワールドカップで4位に入るなど、
 
内容に結果も伴った素晴らしいチームだった印象があります。
 
 
 
そんなベルギー代表のゴールマウスを、58試合にわたって守り続けたプロドーム。
 
試合後、公式会見場に向かう彼と偶然すれ違ったんです。
 
その時一緒にいたメディアの人と顔を見合わせて一致した意見は
 
「思っていたより全然大きくないね」というもの。
 
若干額は後退しつつも、トレードマークのカーリーヘアーは健在でしたが、
 
いわゆる“タッパ”は全然なかったんです。
 
 
 
家に帰ってプロドームのプロフィールを調べてみると、なんと公称の身長は179センチ。
 
TVで見ている限りはその存在感と共に
 
かなりの長身であるかのように私には見えていましたが、
 
ヨーロッパの一線級でプレー経験を持つGKの中では
 
おそらく最小の部類に入ってしまうような大きさだと思います。
 
 
 
あのサイズで自分より10センチ近くも大きなFWたちと、
 
20年以上にも及ぶキャリアの中で渡り合っていたことを思えば、改めて彼の偉大さがわかりますよね。
 
今回一番の収穫は、プロドームの偉大さを再確認できたことでした。
 
でも、第2戦で勝ち抜けるのはレイソルですよ(笑)
 
 
 
DSCF3128
 
写真はプロドームがアル・シャバブの前に
監督を務めていたトゥヴェンテ・ホームスタジアムのロッカールームです。
5年前に取材で行って撮ったのですが、見覚えのあるフレーズが書かれていますね(笑)
 
 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts