IOC総会の少し前、ラプラタの日本人会々館で歌祭りがあった。
 
歌祭りといっても、実際は勝敗を競う歌合戦。
 
となると審査員が必要なわけで、ホルヘは今回もその大役を仰せつかった。
 
 
 
アルゼンチンの中にはいくつもの日本人会があり、個人戦と団体戦で争われる歌祭りに、
 
それらが精鋭を送り込んできた。その数70名以上。
 
 
 
まずは団体戦で、一度の小休憩を挟んでこの70余名が歌う。
 
歌の2番までで切り上げる演歌系の参加者もいるが、ほとんどがフルコーラスを熱唱。
 
審査員は、はっきりいって疲れる。
 
しかし彼らにとってこれは娯楽のカラオケではなく、練習を積み重ねてきた末の真剣勝負。
 
審査員も息を抜くわけにはいかない。
 
 
 
この70余名によるステージは、団体戦であると同時に個人戦の予選も兼ねている。
 
各参加者は審査員から点数をつけられ、団体戦は1チーム5名の総得点で順位を争う。
 
そして個人得点の上位15名が、個人戦の決勝へ進むシステム。
 
したがって歌唱は70余プラス15回行われ、午後5時半に始まった歌祭りが終わったのは午前1時だった。
 
 
 
団体戦(個人戦予選)と個人戦決勝の間には長めの休憩があり、審査員は別室で夕食をごちそうになる。
 
歌祭りには参加者だけでなく多くの観客も来るので、焼き鳥やウドンなどを作って売っている。
 
夕食は、それらと婦人部お手製の寿司やおにぎり。
 
ありがたいことに、ワインも用意されている。
 
まだ一仕事残っているが、ここでつい呑みすぎてしまうのが毎回のこと。
 
 
 
ラプラタの日系人は農業に従事している人が多く、花の栽培も行われている。
 
そして審査員へのお礼として、豪華な花束が贈られる。
 
しかしホルヘには、豚に真珠、猫に小判なのだ。なにしろ、家には花瓶すらない。
 
 
 
深夜ブエノスアイレスに戻ってから、女の子のいる呑み屋へ行ってプレゼントする、
 
ということは過去に何度かやってきた。
 
しかし、今回は懐が心細いのでまっすぐ帰宅。
 
さて、これをどうしようかと考えた末、マンションの管理人一家にあげることにした。
 
他にも候補者はいたが、翌日の昼間に花束を持って街を歩く姿を想像すると、恥ずかしいのでやめた。
 
 
 
翌日、花束を持って管理人室のブザーを押す。しかし不在のようだ。
 
こんなこともあろうかと、用意しておいたメッセージを付けてドアの前に置いた。
 
そこに知り合いのマンション住人が通りがかり、「きれいな花だ」と話しかけてきたので、
 
「花束を貰ったので、管理人にプレゼントするんだ」と伝えた。
 
 
 
夕方、管理人と会ったが、花束のことは何も言ってこない。
 
そこで心配になり、「ドアの前に花束あったでしょ」と訊いてみた。
 
すると、「いや、なかった」との応え。事の顛末を話すと、「誰かが持って行ったんだな」という。
 
どうやら、マンション内に花泥棒がいるらしい。
 
 
 
ところが、さにあらず。
 
ホルヘが花束を置くときに会った人が、「盗まれちゃいけないから」ということで預かっていてくれたのだった。
 
彼はマンションの住民組合の理事で、管理人にプレゼントするという行為を気に入り、
 
それが無にならないよう配慮してくれた。
 
そして管理人一家も、きれいな花束を貰って大喜び。
 
歌祭りのおかげで、ホルヘの株は大いに上がった。
 
 
DSC_0003

DSC01229

DSC01232
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts