久しぶりに、そして2週続けて客人を家に招いて料理の腕をふるった。
 
いずれも名目は送別会だが。
 
目的は集まって酒を呑もうということで、ようするに居酒屋ホルヘが開店したということだ。
 
初めの週は女性のタンゴダンサーで、7月に行われたタンゴフェスティバルでは決勝に進出した。
 
他にもタンゴ修業中の女性2名がやって来た。
 
 
 
翌日が「春の日」ということで、ご飯はちらし寿司にした。
 
ニンジン、シイタケ、油揚げ、カンピョウ、カニ缶、紅ショウガ、錦糸玉子、海苔とトッピングを入れれば八目寿司。
 
なかなかの豪華版だ。
 
 
 
余談だが、アルゼンチンの春の日は休日ではない。
 
しかし、みんなが「今日から春だ」という思いを持ち、家族や友人で集まってお祝いをする習慣がある。
 
また同時に「学生の日」でもあり、学校は休み。
 
このため多くの学生が前夜から羽目を外し、1年の中で、バージン喪失率が最も高い日だといわれている。
 
 
 
料理は他に、チンジャオロースー、鶏の照り焼き、手羽と大根の煮物、大豆入りヒジキの煮物、
 
ホウレン草のゴマ和え、サラダ2種類。
 
鍋やコンロの数が限られるため、大豆は前日に仕込むなど、かなり手間が掛かった。
 
お世辞を差し引いても、かなり評判はよかったと思う。
 
しかし、チンジャオロースーは似ていて非なるものだった。
 
 
 
アルゼンチンでは、普通の肉屋やスーパーでは薄切り肉が手に入らない。
 
ブロック肉を凍らせて薄く切る方法もあるが、今回は比較的薄切り(約1㎝)の肉を買ってきて、
 
それを叩いてから切った。
 
またピーマンは日本のものの5倍ほど大きく肉厚。
 
チンジャオロースーの「スー」は「糸」という意味で食材の細さを表わしているのに、
 
ホルヘの肉とピーマンは、マックのポテトフライより太くなってしまった。
 
 
 
翌週は、サッカーコーチの研修者。
 
この日は料理人をきどり、白衣を着用。
 
井の頭線浜田山駅ホーム際にある、居酒屋「風姿」のマスターからもらったものだ。
 
メニューは炊き込みご飯、キンピラゴボウ、肉じゃが、ナス炒め、スパゲティナポリタン、鶏の冷製、マーボー豆腐。
 
アルゼンチンでは薄切り肉同様、豚の挽肉も入手困難。
 
牛と鶏の挽肉はあるが、豚肉を売っている肉屋でも豚挽肉はない。
 
頼んでも挽いてくれない店がほとんど。そこで今回のマーボー豆腐は鶏挽肉を使用した。
 
 
 
好評だったのは、鶏の冷製。
 
鶏肉も骨付きで売られているので、それを丸ごと茹でて、冷蔵庫で冷やしてからバラした。
 
それに、醤油、酢、砂糖、ゴマ油とネギを混ぜたソースをかけるだけ。
 
しかも茹で汁に出汁とコラーゲンが出るので、表面の油を取り、それで炊き込みご飯を炊いた。
 
 
 
一応、料理好きなので、たまに誰かを招いてこんなことがしたくなる。
 
しかし、2週続くときつい。しばらくは、客人の顔など見たくない。
 
 
DSC01246
 
DSC01251
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts