先日は、アルゼンチンの国政選挙投票日だった。
 
この国では、投票は義務。
 
投票しないと罰があるというが、具体的にどのような罰を受けるのかは知られていない。
 
人によって言うことがまちまちだ。
 
 
 
仕事の都合などで登録してある住所に住んでいなくても、400km離れていなければ、
 
投票のために戻って来なければならない。
 
400km以上離れている場合は、警察でその証明をしてもらう必要があるという。
 
 
 
日本のように引越しのたびに住民票を移す人ばかりではないので、投票日はちょっとした大移動となる。
 
今週末はサッカーの試合もなかったが、それは観客のためだけでなく、選手のためでもあったのかもしれない。
 
投票が義務だというのに、あるいは義務だからこそなのか、日本のような期日前投票制度はないそうだ。
 
したがって、投票日は多くの店が閉まって閑散とした雰囲気になる。
 
 
 
暇だから昼間から酒を呑もうと思っても、酒類の販売は禁止されているので買えない。
 
バーやレストランでは、前日の夜10時以降からアルコールは出せない。
 
酒と選挙と何が関係あるのかと思うが、とにかくそういうことになっている。
 
 
 
投票所は日本と同じく学校が利用される。
 
しかし日本のように、「投票所は○○小学校」と記された通知が送られてこない。
 
基本的に投票所は毎回同じだが、区域分けが変わったり新しい学校ができる(あるいは閉鎖される)と、
 
自分がどこで投票するのかわからなくなることがある。
 
投票所の入り口には、投票方法の説明書とともに、そこで投票する人の名前が貼り出されており、
 
まずはそこで自分の名前があるかどうかを確認する。
 
もっとも最近は、選挙委員会のホームページでも調べられるようになった。
 
 
 
また、あまり早く投票に行かない方がいいという人もいる。
 
会場で立会人などの要因が足りない場合は、投票に来た人に半ば強引に委ねてしまうそうだ。
 
そうなると、委ねられた人は投票が終わるまで帰れなくなってしまう。
 
 
 
選挙結果は、クリスティーナ大統領率いる「勝利のための戦線」が第一党の座を守りながらも、
 
大幅に獲得票を減らせた。
 
大統領は、二選までという憲法の規定を変えて三選を目指そうとしているが、支持率は急降下中。
 
今回の結果もそれを反映したもので、このままでは国会での改憲は容易ではないだろう。
 
 
DSC01255

DSC01256


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts