以前にも書いたがコロンビア代表監督のペケルマンが、ホルヘの家に来たことがある。

約3年前のことで、当時はどこの監督もしていなかった。

インタビューを申し込んだら快諾してくれ、ホルヘの家で行うことになった。

彼は非常に温厚な人物で、質問にも丁寧に答えてくれた。

つい2カ月ほど前にもメールでやりとりし、「W杯出場できることを祈ります」との言葉を送った。

これは社交辞令ではなく、ホルヘがペケルマン、そしてそれ以上にコロンビアのことを好きだからだ。

しかし、まさか日本と同じ組なるとは思わなかった。

ペケルマンから直接聞いたのだが、彼はフリー時代にカタールのテレビ局アルジャジーラの解説をしていた。

なぜカタールかというと、監督としてU-20W杯初優勝したときの開催国がカタールで、

それから縁ができたそうだ。

したがって2022年W杯招致運動の際も、彼は招致アンバサダーとして活動し、日本の落選に一役買っている。

しかし、そんなことより日本にとってやっかいなのは、彼が2011年のアジアカップの解説もしたことだ。

地元カタールでの開催だったので、アルジャジーラも力が入っただろうし、ペケルマンにも多くの情報が渡ったはず。

優勝した日本のことは詳細に分析されたと考えた方がいい。

このことは、「日本はすでに丸裸」というようなタイトルで、ネットのあるスポーツメディアに書いた。

自慢ではないが、この情報を知っていた日本人はほとんどいないはずだ。

131210_042

抽選会の進行役を務めた女性が美しいというので、話題になっている。

フェルナンダ・リマという36歳のタレント、女優で、双子の男の子の母親でもある。

なんでも90年には日本でも活動していたことがあるらしい。

そこで、fernanda Lima japonで検索したら、ヘンテコな映像にヒットした。

彼女が全身タイツを着て秋葉原を歩いているというもの。

そしてタイトルはZENTAIとなっていたから、

ブラジルでは全身タイツを略した「全タイ」がそのまま使われているようだ。

アルゼンチンは、ボスニア、イラン、ナイジェリアというもの凄く楽なグループになった。

それなのに、あるいはそれだからか、あの抽選は仕組まれていたのではないか、との疑惑が起こっている。

報道番組でも繰り返し疑わしいシーンを流している。

それはFIFA事務局長のバルクが、抽選役の元選手らからボールを受け取ると、テーブルの上でそれを開けるが、

すぐにそれをテーブルの下に入れ、そこから国名が書かれた紙を出すというもの。

事前にテーブルの下に紙を用意していれば、そこで都合よく入れ替えることができる。

さらに、すでにグループAの1が決まっていたブラジルはカフーがボールの中から紙を取り出して披露したが、

その紙はボールの中に入っていたことで丸まっていた。

しかしバルクが示した紙は、いずれもピンとしている。

見れば見るほど疑わしいのだ。

もっとも、仕組んだのなら、ブラジルがトーナメント1回戦でスペインかオランダと当たるようにはしないだろう。

チケットを入手して現地で観戦できる人は限られているから、

こんなことでもネタにして、楽しもうとしているのかもしれない。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts