14日の土曜日と16日の月曜日は広島が熱い!
 
Jリーグではありません。天皇杯でもありません。
 
その大会とは
 
「高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグ参入戦」です!
 
 
 
高体連、クラブユース問わず、
 
高校年代におけるトップレベルの
 
東10チーム、西10チームが1年間にわたって
 
ホームアンドアウェイでしのぎを削る高円宮杯プレミアリーグ。
 
そんなハイレベルなリーグへ来年度から殴り込みを掛けるための
 
トーナメントコンペティションが、この参入戦となります。
 
 
 
昨年までは各地域のプリンスリーグを制した9チームで
 
争われていた大会が今回からリニューアル。
 
激戦の関東と関西は3枠、東北、北信越、東海は2枠と
 
その出場チームも一気に増加して16チームに。
 
全部で4つのブロックを完全ノックアウト制で行い、
 
各ブロックのチャンピオンがプレミア参入の栄誉を勝ち取るという訳です。
 
 
 
今回の参加チームを見てみると、
 
高体連所属が10チーム、クラブユース所属が6チーム。
 
既に組み合わせは発表されており、
 
14日の1回戦からかなりの好カードが目白押しです。
 
 
 
まず、群馬のタイガー軍団・前橋育英と
 
静岡の名門・藤枝東が初戦から対峙。
 
特に鈴木徳真、渡辺凌磨と2人のU-17日本代表を擁しながら、
 
選手権予選の県決勝でまさかの敗退を強いられた前橋育英からすれば、
 
この1年間の集大成として、2つの勝利を手にすることで、
 
来年からのプレミア参入切符を後輩に残しておきたい所です。
 
 
 
柏レイソルU-18とジュビロ磐田U-18という
 
クラブユース界でも有数の強豪同士が
 
いきなり激突する一戦も見逃せません。
 
柏U-18はトップ昇格が発表された中谷進之介や
 
水戸へ加入することになった白井永地、
 
U-17ワールドカップ日本代表の会津雄生などタレント揃い。
 
一方の磐田U-18にも富山加入が内定した梅村晴貴、
 
プリンス東海得点王の中野誠也といった好素材が。
 
どちらかが消えてしまうのはもったいなようなカードが組まれています。
 
 
 
他にも共に京都サンガへ入団する磐瀬剛と石田雅俊が在籍する市立船橋、
 
昨年の高校選手権準優勝チームで小屋松知哉率いる京都橘、
 
シュトゥットガルトでプレーする酒井高徳の弟であり、
 
来シーズンからのトップ昇格が決定している酒井高聖がプレーする
 
アルビレックス新潟ユースなど多士済々。
 
ゲームの模様は何とJFAのオフィシャルサイトで
 
オンデマンド配信されるということなので、
 
是非高校生の熱い戦いをチェックしてみて下さい!
 
 
hiroshima1211
 
写真は燃えるであろうエディオンスタジアム広島です。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts