サッカー界にとって
11月は凄く特別な時期という印象があります。
 
 
例えば1シーズン、42試合に渡って
激闘を繰り広げるJ2リーグは
この月でいったんの決着を
見ることになります。
 
 
例えば高校生がそのすべてを懸けて
全国への切符を争う高校選手権の地区予選は
そのほとんどでこの月に決勝が組まれています。
 
 
12月は1年の終わりの月。
街の空気にもクリスマスムードが漂い、
その年の終わりを
自然と意識することになりますが、
11月は世の中がそこまで
そういう雰囲気に包まれていないこともあり、
余計に特別な感じがするのかなあと。
 
 
勝者がいれば、敗者がいて、
勝った方にドラマがあれば
負けた方にもドラマがあって。
 
 
でも、とりわけ『11月の敗者』には
『12月の敗者』とはまったく別の種類の
意味付けを感じてしまいます。
僕自身も高校サッカーはこの月で終わった
『11月の敗者』だったからでしょうか。
 
 
今週から数多くの『11月の敗者』を
目の当たりにすることになります。
彼らから零れる想いのひとかけらを、
彼らから溢れる想いの一瞬を、
うまく形にすることができたらなと
今強く思っています。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts