実はこの間の日曜日、岐阜に行ってきました。
 
もちろん観光ではありませんよ(笑)
 
監督に日本サッカー界にとってもレジェンド的存在のラモス瑠偉氏を招聘し、
 
川口能活や三都主アレサンドロといったW杯経験者も加入するなど、
 
今やJリーグ屈指の注目クラブと言っていい
 
FC岐阜の“今”をその目で確かめるためです。
 
 
 
聞く所によると開幕戦には100人以上のメディアが集い、
 
ホームである岐阜メモリアルセンター長良川競技場に
 
詰め掛けた観衆の数は実に11,069人。
 
試合も難波宏明、ナザリト、高地系治という
 
3人の新加入選手がゴールを奪い、3-1で勝利を収め、
 
スタジアムは熱狂に包まれたとのことでした。
 
 
 
実際に開幕2試合目を見て間違いなく言えることは、
 
「岐阜、盛り上がってます!」ということ。
 
開幕戦には及ばなかったものの、
 
それでも7,879人という観衆の数字は十分すぎる数字。
 
メディアの数もJ2の試合とは思えないほどで、
 
改めて“グイグイ来てる感”を実感させられました。
 
 
 
実はFC岐阜には個人的に親しくさせて頂いている選手がいます。
 
木谷公亮、35歳。
 
昨シーズン中盤からチームに加入すると、
 
すぐさまディフェンスリーダーの地位を確立。
 
なかなか勝ち点を伸ばせないチームの中で奮闘し、
 
J2残留へ大きく貢献した選手という認識には
 
サポーターの方も異論はないと思います。
 
 
 
そんな彼に試合後、現在のチームを取り巻く環境を聞いてみると、
 
「FC岐阜というチームが注目してもらえるのは嬉しいですけど」と前置きしながら、
 
「それによってプレッシャーがどうというのは個人的に全然ないし、
 
本当に注目されるのは数人くらいなので、
 
やれることをしっかりとやれればいいかなと思います」と余裕の笑顔。
 
「でも、これが続くと大変じゃないですか?」と聞いても、
 
「能活さんとかアレックスは注目浴びてますけど、僕は別に(笑)
 
だから大して気にならないですよ」と話してくれました。
 
 
 
その言葉を耳にして私は
 
「ああ、このチームは大丈夫だな」と。
 
勝てない時期の長かったチームにとって、待望の開幕連勝。
 
周囲の雰囲気にも一気に変化が訪れる中でも、
 
こういうベテランが、こういう捉え方をしているのであれば
 
きっとチームは正しい方向に導かれていくことでしょう。
 
FC岐阜の35番を背負う、35歳のベテランCBに、
 
是非今後注目してみて下さい!
 
 
gifu_castle
 
写真は岐阜のシンボル・岐阜城です。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts