コロンビア戦の1-4というスコアは、全く予想外のものだった。
 
これは日本だけでなく、コロンビアでも同じこと。
 
5月にコロンビアへ取材に行った際、100人を対象に勝敗とスコアのアンケートを行った。
 
サッカー協会関係者、サッカー記者、高校生年代のサッカー選手、A・ナシオナルのサポーター、
 
建設作業員、大学生、警官、会社員、通行人などさまざまな人たちに訊きまくった。
 
 
 
呑み屋では、「5-0でコロンビアだ」と喚く一団がいた。
 
人数はおよそ5~6人。5-0というのは特に理由がなく、酔った勢いで「楽勝だ」といいたかったのだと思う。
 
また、東京は中野ブロードウェイにあるアニメの殿堂「まんだらけ」のことまで知っているオタクは、
 
「翼がいるから2-0で日本が勝つ」と答えた。
 
このようなものは除外し、100人の真剣な回答の結果は以下の通り。
 
 コロンビア 2-0 日本 (28人)
 コロンビア 1-0 日本 (22人)
 コロンビア 2-1 日本 (18人)
 コロンビア 3-0 日本 (11人)
 コロンビア 3-1 日本 (4人)
 コロンビア 0-0 日本 (4人)
 コロンビア 1-2 日本 (3人)
 コロンビア 3-2 日本 (1人)
 コロンビア 0-1 日本 (1人)
 
 
 
ご覧のように4-1の的中者はいない。
 
除外した酔っ払いの他には、4得点以上を予想した者も皆無だった。
 
しかもアンケートを行った時点ではファルカオの出場を皆が信じており、
 
「誰がゴールを決めると思う?」との質問には、ほとんどが「ファルカオ」と答えていた。
 
 
 
得点者として次に多く名前が挙がったのがロドリゲス。
 
今大会は大活躍で、これまで2得点だったW杯におけるコロンビア人の得点記録を3試合で更新した。
 
本来は起点となる選手だが、チーム全体の調子がいいと、再びゴール前で彼にボールが戻ってくるのだ。
 
 
 
日本戦ではGKのモンドラゴンが43歳3日で出場し、ロジェ・ミラの42歳1か月8日を更新したが、
 
16年振りのW杯出場も新記録のはずだ。
 
DSC_0174
 
 
 
彼の同世代にはコルドバ、カレーロという優れたGKが揃い、コルドバがレギュラーで、
 
モンドラゴンとカレーロがサブを争うという構図が続いていた。
 
そのため、この歳なのに試合数は50に留まっている。
 
彼らの先輩が、有名なイギータ。ドリブルで攻め上がるGKだ。
 
そしてイギータは90年W杯トーナメント1回戦のカメルーン戦で、得意のドリブルを奪われて失点してしまう。
 
その得点者がロジェ・ミラだった。
 
 
 
イギータの後輩、コロンビアのGKが彼の記録を破ったことに、なにか因縁のようなものを感じる。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts