いよいよ今シーズンのJ2も次節が最終節。
 
3月から42試合を重ねてきた激闘にも一旦の終止符が打たれます。
 
 
 
既に湘南の昇格と優勝が決定し、Jリーグ参入3年目の松本も昇格。
 
一方で順位表の下へ目を移してみると、2009年から6シーズンを
 
J2で過ごしてきた富山が最下位でJ3へ降格。
 
今シーズンからJ2を戦う讃岐が
 
J3との入れ替え戦へと進出することも決まっています。
 
 
 
日曜日の最終節における最大の焦点はJ1昇格プレーオフ圏内争い。
 
3位から6位までに与えられるプレーオフ出場権を巡り、4チームが鎬を削っています。
 
3位は1年でのJ1復帰を狙う磐田。勝ち点は66。
 
4位は5年ぶりのJ1復帰を目論む千葉。勝ち点は65。
 
6位はここに来て一気に調子を上げてきた山形。勝ち点は64。
 
7位は昨年の悔しい経験を生かしている大分。勝ち点は63。
 
この4チームがまずは6位以内へ滑り込むべく、リーグ戦最後の1試合へ挑む訳です。
 
 
 
このプレーオフ圏内争いをある意味で最も面白く、
 
また最も複雑にしているのが北九州。
 
千葉と並ぶ勝ち点65を叩き出し、堂々の5位に付けている彼らは
 
残念ながらJ1ライセンスが交付されていないため、
 
プレーオフに進出することができません。
 
 
 
ただ、最終節の横浜FC戦に勝利すれば彼らの6位以上は自動的に確定し、
 
昇格プレーオフへの進出枠も1つ減ることになります。
 
上位の結果次第では賞金圏の3位も狙えますし、
 
何より反骨心を頼りに戦い抜いてきた自らの今シーズンを1つでも良い順位で終わるべく、
 
最高のモチベーションで日曜のゲームへ臨むことは言うまでもない所。
 
上記の4チームは3つのライバルチームに加え、北九州の試合経過も常に気にしながら、
 
90分間をデザインすることが求められます。
 
 
 
磐田はアウェイで札幌。千葉はアウェイで讃岐。
 
山形はホームで東京V。大分はホームで湘南。
 
それぞれその先に続くJ1という帰るべきステージを見据え、最後の90分間に挑む4チームと、
 
自らの未来を懸けて戦う北九州。
 
ヒリヒリするような最終節を潜り抜け、12月7日の味の素スタジアムで
 
J1昇格プレーオフ優勝のシャーレを掲げるチームは果たして。
 
141121ajista0322
写真は12月7日の舞台、味の素スタジアムです。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts