猛暑だった日本も、9月に入り少しは過ごしやすくなったのではないだろうか。
 
ホルヘは、もう何年も夏の時期に日本にいない。
 
日本だけでなく、暑さが本格的なる1月前に帰国するので、アルゼンチンの夏も経験していない。
 
2か国を行き来して、秋、冬、春の3シーズンで1年を過ごしている。
 
 
 
日本の夏といえば鰻。
 
ホルヘの大好物だ。
 
しかし、別に夏でなくても鰻は旨い。
 
シラスウナギの激減により値段が高騰し、元から高いものがさらに高くなってしまった。
 
それでも、日本にいれば、金さえ払えば食べられる。
 
しかし、アルゼンチンでは入手困難。
 
 
 
昨年、日本を出発する前、ホルヘの鰻好きを知っている知人が、
 
「うなぎふりかけ」なるものを餞別でくれた。
 
これは国内産の鰻を加工したもので、静岡の聞いたことないメーカーが生産しているもの。
 
封を開けると、プーンと鰻の蒲焼の香ばしい匂いがする。
 
これは期待できそうだ。
 
 
 
裏面の注意書きには、「鰻の小骨が気になることがあるのでご注意ください」と書いてある。
 
いかにも、丸ごと粉砕したかのようで、期待はさらに高まる。
 
実際に食べてみると、ガリガリとした食感の小骨が、予想以上に気になる。
 
これは、食べづらい。
 
 
 
さらに食欲を誘った香も、口の中に入れると生臭さと泥臭さに変わる。
 
これは鰻が本来持っているものだろうが、このふりかけでは、それらが前面に出てきてしまう。
 
結論をいうと、全くの期待外れだった。
 
 
 
今年の出発前、持って行く日本食材を買いにスーパーへ行くと、
 
「これぞうなぎ」と書かれたふりかけを発見。
 
製造元は永谷園。大手メーカーの永谷園がすることなので、
 
先のふりかけを改良し欠点をなくしたものだと思い、すぐに購入した。
 
そして、今日それを食べた。
  
 
 
よく読まなかったホルヘが悪いのだが、これは鰻とは別物だった。
 
単に鰻エキスを使用しているだけで、主原料は大豆たんぱく。
 
エキスの量も少ないようで、鰻らしい香もない。
 
ただ大豆たんぱくでできているフレーク状のものは、サクサクとしていい食感だった。
  
 
 
2連連続して鰻ふりかけで失敗したが、来年に向けて名案を思いついた。
 
それは、両方のふりかけを混ぜること。
 
絶妙のバランスでブレンドすれば、両者の欠点を補って鰻らしくなるような気がする。
 
今のところの勘では、静岡産1に対し永谷園2だと思うが、果たして黄金比率は何対何なのであろうか。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts