アルゼンチン大統領選挙の決選投票が22日に行われ、
 
与党候補のマウリシオ・マクリが、クリスティーナ・フェルナンデス大統領の後継者である
 
与党候補ダニエル・シオリを破った。
 
得票比率は51.40%対48.60%だった。
 
 
 
他の候補者も加わった第1回目の投票では、シオリが1位でマクリが約2.5ポイント差の2位。
 
決選投票では3位以下の候補の票がほとんどマクリに流れると思っていたが、そうでもなかった。
 
背水の陣のシオリが行った反マクリキャンペーンの効果があったのだろう。
 
 
 
マクリが嫌いな人はたくさんいるが、ホルヘの知り合いの多くは、
 
たとえ彼が嫌いでも今回はマクリを支持していた。
 
このまま行けば国が潰れる、といった危機感が、まともな人たちの中にはあるからだ。
 
 
 
現政権は弱者の味方ということで、補助金や生活保護費をばら撒いている。
 
これにより働かなくとも生活できる人が急増し、働くより働かない方がいい、ということになってしまった。
 
 
 
ホルヘのゴルフ仲間に、自動車修理工場を経営している日系人がいる。
 
現在は閉鎖してしまったが、以前プレーしていたゴルフ場の周囲には貧困世帯が多く、
 
そこの若者がキャディとして働いていた。
 
その中の1人は特に目を掛けられ、我々が他のゴルフ場でプレーするようになってからも、キャディに呼ばれていた。
 
 
 
そうした関係だったので、修理工場の社長は、仕事が忙しいときに彼をバイトで使っていた。
 
気さくな人柄だし仕事も熱心。
 
そこである日、「来月から、正社員にしてやる」と告げた。
 
すると、翌日から来なくなった。
 
 
 
彼は、両親と3~4人の兄弟と嫁さんと子どもと暮らしている。
 
みんなが補助金をもらっており、たまにバイトの収入があればそれで充分なのだ。
 
正社員で登録されると補助金が打ち切られるので、それが嫌で姿を消した。
 
 
 
家族構成にもよるが、働かない方が有利になるケースというのは、本当にあるらしい。
 
補助金のばら撒きでバカを見ているのは、まともに働いて税金を納めている人々。
 
だから基本的に反マクリでも、彼に入れることとなる。
 
 
 
ボカの元会長として辣腕を振るったマクリ。
 
現在でも関係は深く、投票日にはアルアバレーナ監督らと一緒にサッカーに興じていた。
 
パフォーマンスにせよ、投票日にサッカーとは思い切ったことをするものだ。
 
 
 
当選の翌日の会見では、早速意地悪な質問が飛んだ。
 
それは、クラブW杯でリーベルを応援するか、というもの。
 
アルゼンチンの大統領となったからには、アルゼンチンのチームを応援すべきだというのだ。
 
これに対しマクリは、
 
「リーベルが優勝したら、それにふさわしい出迎えをする。
 
でも、私にリーベルを応援しろというのは無理だ」
 
と、ボカファンとしての姿勢を崩さなかった。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts