DSC01977
 
例年、3月末にアルゼンチンへ戻っていたが、今年は4月上旬になった。
 
これは、実に日本的な理由によるもの。そう、花見だ。
 
 
 
仲のいいグループが、毎年4月の第一日曜日に花見を行っている。
 
今年は、これに何としても参加したかった。
 
2月は暖冬で、「この調子では、春分の日あたりに花見ができそう」といわれていた。
 
しかしその後寒くなり、「桜は例年並み」との予想に変わった。
 
その時点で出発を4月に決め、チケットを手配した。
 
 
 
我々のグループには、すべてを取り仕切る花見奉行がいる。
 
場所取りから鍋の用意、酒の手配まで一手に引き受ける、「花見命」というようなおじさんだ。
 
その彼が、法事だか何だかで4月3日は都合が悪いということで、3月27日に決めてしまった。
 
わざわざ4月のチケットを取ったのに、なんてことだ。
 
しかし、泣く子と花見奉行には勝てない。
 
 
 
3月末は、まだ4~5分咲き。
 
天気予報では、当日は寒く雨が降るかも、ということだった。
 
そこでアンダータイツをはき、カイロを貼り、ベンチコート着用という防寒態勢で挑んだ。
 
ところが昼前からピーカンとなり暑い、暑い。
 
喉が渇いてガバガバ吞んだらリミットを越えてしまい、久々に頭が痛くなった。
 
 
 
4月に入って満開になってから、別の花見にも2回参加した。
 
そのうちのひとつで、ピンと張った帯の上を歩いたりする、スラックラインを初体験した。
 
これの愛好者が参加していて、樹の間にラインを張って自分で技を魅せ、希望者には教えてくれたのだ。
 
 
 
ホルヘはバランス感覚が悪い。
 
バランスボールでもすぐに落ちる。
 
だから、やりたい気持ちはあったが、ガマンしていた。
 
遠慮ではない。
 
ガマンしていたのだ。
 
というのは、「やりたい、やりたい」といって挑戦した人たちが、
 
無様な姿をさらして笑いものになっているからだ。
 
 
 
スラックラインの持ち主が、両手を持ってサポートしてくれる。
 
しかし不安定なラインの上に立つと、足腰がブリブリと震える。
 
この様子が、非常に間抜けで面白い。
 
なぜか、女性より男性の方が激しくブリブリする。
 
 
 
ホルヘたるものが、こんなところでブリブリして笑いものになるわけにはいかないと、
 
やりたいながらもガマンしていたのだ。
 
これは、正しい判断といえる。
 
 
 
しかし、酒というのは恐ろしい。
 
酔ってくると正しい判断ができなくなる。
 
そしてついに、「俺もやりたい」といってしまった。
 
 
 
ラインの上に立つと、当然のごとくブリブリが始まり、笑いとからかいの声を浴びることになった。
 
酔って気が大きくなっているから、「汚名をそそがねば」と、今までの誰よりも上手く歩こうと思った。
 
ブリブリがおさまってから足を前に出すと、これが意外とスムーズにいく。
 
酔っ払いは真っ直ぐに歩けないものだが、ラインが揺れているため、
 
千鳥足で歩くとちょうどラインの揺れと合うのかもしれない。
 
 
 
結局、ターンや早足といった前人未到の技まで行い、喝采を受けることになった。
 
スラックライン、これは実に面白い。
 
また、酔ったらやろう。
 
DSC01976


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts