3月22日に原宿のmfでトークショーを行った。
 
お店からこの企画を打診されたとき、ホルヘはひとつだけ条件をつけた。
 
それは、呑みながらやらせろ、というか、事前にも呑ませろ、ということだ。
 
とにかくアガリ症なので、シラフでは大勢の前で上手く話せない。
 
そこで、自分のためというよりも、お客のためにも酒を入れた方がいいと判断したのだ。
 
 
 
トークの出来不出来とは別に、お客の入りも気になった。
 
ガラガラでは格好がつかない。
 
正式決定から開催まであまり時間がなく、告知が広まらない可能性が高かった。
 
そこで、いざとなればホルヘの知人やサッカー仲間を動員しようと画策。
 
しかし知っている人がいるとかえってやりにくいので、動員は最後の手段。
 
「予約が少なければ、前日に連絡するから来てくれ。そうでなければ来ないでくれ」という
 
ヘンテコなお願いをした。
 
 
 
フェイスブックとかツイッターの効果は凄いもので、
 
「トークショーやるんだってね」などという連絡が知人から何件か入るほど。
 
そんなこんなで、ありがたいことに動員なしで満席になった。
 
 
 
当日は、司会役のアリサカ氏との打ち合わせやセッティング準備のため、1時間半以上前に会場入り。
 
そして開始予定時刻(20時30分)の1時間前からドーピングに取りかかる。ようするに、呑み始めたのだ。
 
 
 
この日のドーピング剤は、ホルヘの希望でウィスキー。
 
用意してくれたのはカティーサーク。
 
初めは店の人がジガーカップで計量して使って作ってくれたが、グラスが大きいので
 
65ml入れても水割りにすると酒の味を感じない。
 
そこで、勝手にボトルから注ぎ足した。
 
習慣的に水割りの濃さは色で判断するのだが、カティーサークは他のウィスキーより色が薄いので調整が難しい。
 
 
 
いよいよ本番がスタート。
 
紹介されて客の前に出ても、まったく緊張しない。
 
「よし、ドーピング成功」と喜んだのもつかの間、話し出したら呂律が回らない。
 
色の濃さを読み違え、アルコールを摂取しすぎたらしい。
 
さらに予定以上にハイになったので、本来はアリサカ氏と掛け合いをするはずだったのに、
 
完全な独り舞台になってしまった。
 
これでは、単なる酔っ払った話上戸だ。
 
 
 
しかし会場の反応はまずまずだったようで、この分なら、また声が掛かりそうだ。
 
そうなったら、今度はアルコールコントロールを完璧にやりたい。
 
 

 

 

 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts