7月13日にオルテガの引退試合が行われた。
 
フランチェスコリやソリンなども参加したアミーゴ・デ・オルテガチームがリーベルと対戦した。
 
 
 
ホルヘは行かなかったが、会場のリーベルスタジアムには6万人以上が集まった。
 
全盛期をイタリアのジェノバなどで過ごしたが、現地での評価はそれほど高くなく、
 
日本でも「オルテガはボールを持ちすぎる」「ひとりでプレーしている」などの批判が聞かれた。
 
 
 
しかし彼は、アルゼンチンでは非常に好かれた選手だった。
 
お国柄にあっているとでもいうのだろうか。
 
たしかに彼はドリブルが多い。それでチャンスを潰すこともあった。
 
しかしそのスタイルが、アルゼンチン的なのだ。
 
 
 
アルゼンチンではトップ下をエンガンチェと呼び、そこは花形選手のポジション。
 
ところが最近はサッカースタイルの変化により、昔ながらのエンガンチェは姿を消している。
 
したがって、彼が最後の伝統的なエンガンチェだったともいえる。
 
 
 
おまけに酒好きで、練習を二日酔いですっぽかしたり、自動車事故を起こしたりとトラブルも起こす。
 
それがマラドーナのように傲慢や不遜の故でなく、間抜けさから来るので人間的にも愛されている。
 
 
 
韓日W杯のアルゼンチン代表は、本大会では早々と姿を消した。
 
これは3バックの中心にしてかけがえのない存在だったアヤラが、初戦のアップ中に故障し、
 
1試合にも出られなかったことが大きい。
 
それにより相手のカウンターに対し3バックがコントロールできずに失点を喫した。
 
 
 
しかしこのチーム、南米予選では圧倒的な強さを誇り、本大会の優勝候補でもあった。
 
監督はビエルサで、非常に高度な戦術を用いていた。
 
 
 
ほぼ全員がヨーロッパ組で代表が集まっての練習時間は少なく、その中で戦術を身につけさせるのは難しい。
 
そこでビエルサは、ユースの選手に動きを完璧に覚えさせ、代表合宿に彼らを呼びプレーさせた。
 
代表選手はそれを見て、あるいはピッチに入って後を追いながら動き方を覚えた。
 
 
 
それほど緻密に作られたチームだったが、ビエルサはオルテガには自由にプレーさせた。
 
前線のリベロという感じで放し飼い。
 
オルテガは、規則よりも感性に従ってプレーすることで結果を残す。
 
ビエルサはあえて彼を飼いならさず、野生のまま用いたのだ。
 
そしてオルテガは、切り込み隊長として期待に応えた。
 
 
 
アルゼンチンスタイルを貫いた彼の引退により、ひとつの時代に幕が下りたような気がする。
 
 
1307ortega11719
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts