先週、AFA(アルゼンチンサッカー協会)へ行って来た。
 
何のためかというと、AFA PLUSという新システムへの登録だ。
 
 
 
スタジアムでの暴動や殺傷事件が後を絶たないことから、これらの防止や抑止のために考案されたのがAFA PLUS。
 
これに登録してそのカードを持っていないと、今後はスタジアムに入れなくなる。
 
しかも対象はサポーターだけでなく、スタジアム職員、場内の売り子、
 
チームスタッフや選手、プレス、さらには警備の警官まですべてにわたる。
 
そこで、ホルヘも行って来たのだ。
 
 
 
この登録はAFAだけでなく、1部リーグ20チームの本部でも可能。
 
まずは身分証明証を係員に提出し、氏名、生年月日、住所などの個人情報がインプットされる。
 
続いて顔写真の撮影だが、正面だけでなく、斜め右と左、そして上向きと下向きも撮られる。
 
これは事件が起きた際に、防犯カメラの映像から個人を特定するため。
 
そして最後は指十本の指紋登録。なんだか、犯罪者にされた気分だ。
 
 
 
スタジアム周辺には二重のチェックゲートが設けられ、中へ入ろうとする者は、全員がここを通らねばならなくなる。
 
第1ゲートではカードを機械でチェックし、第2ゲートでは指紋照合をする。
 
アメリカの空港より厳しいくらいだ。
 
 
 
AFA PLUSのもうひとつの特徴は、チケット購入方法。
 
銀行のATMなどで、観客は会員番号をインプットして料金を支払う。これで完了。
 
今までのような、紙のチケットは消滅する。第1ゲートのメインコンピューターと接続しているチェックで、
 
そのカード番号へチケットが売られたかどうか、そしてどのカテゴリーの席かが分かる。
 
チケットを買っていなければ、このゲートは通過できない。
 
 
 
この新しいチケット方式は、紙を使わないのでエコに役立つ。
 
しかし真の目的は、偽造チケットやダフ屋行為を締め出すこと。
 
スーペルクラシコのチケットは10倍以上の値段になるし、
 
ひどいときにはダフ屋がスポーツ新聞に広告を出していた。
 
一般人は並んでも入手困難なのに、発売前からクラブの人間が大量に横流しをする。
 
 
 
偽造やダフ屋はバラブラバの収入源となっている。
 
本来は熱狂サポーターであった彼らも、最近はあまりの悪質ぶりに、
 
「バラブラバはサポーターでなく犯罪者」というのが社会的な認識。
 
AFAも彼らの存在には頭を悩ませていたが、このAFA PLUSで入場規制や資金源を断つことができるというわけだ。
 
 
 
しかし、プレスのホルヘをはじめ一般のサポーターまでが、煩雑な手続きに巻き込まれるのは大迷惑。
 
たかがサッカーの観戦にここまでしなければならないというのは、病んでいると言っていいだろう。
 
 
DSC01161

DSC01163
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts