今週の水曜日、東京都サッカートーナメント社会人代表決定戦という
 
ゲームの取材に西が丘へ行ってきました。
 
何やら長めのタイトルが付いた大会ですが、
 
簡単に言うと天皇杯の東京都予選。
 
既に勝ち上がっている大学生との準決勝へ
 
社会人代表として進出するためのワンマッチがこの大会です。
 
 
 
1試合目はJFLに所属している横河武蔵野FCと
 
関東1部リーグに所属しているエリースFC東京が激突。
 
エリースも前半は何とか無失点で凌ぐなど健闘しましたが、
 
終わってみれば横河が上位カテゴリーの貫禄を
 
見せ付ける格好で3-0と勝利。
 
早稲田大学と準決勝を戦うことになりました。
 
 
 
非常に凄まじい激闘となったのが第2試合。
 
カテゴリー的には第1試合と同様に、JFL所属のFC町田ゼルビアと
 
関東1部リーグ所属の東京23FCが対峙するゲームですが、
 
町田は昨年のJ2クラブ。選手は基本的にプロ契約で、
 
1年でのJ2復帰を至上命令にタレントを多く揃えたチームであり、
 
選手が働きながら夜9時スタートの、
 
しかも2時間に満たない練習を週3回こなしている東京23FCとは、
 
あらゆる面で環境が違うことは間違いない現実。
 
彼らがどこまで町田を苦しめられるかが、ゲーム前の焦点だったと思います。
 
 
 
ところが、試合開始からゲームの主導権を握ったのは東京23FC。
 
「格上相手にアグレッシブさを出さずにどうするんだ」と
 
東京ヴェルディや名古屋グランパスで活躍した米山篤志監督に
 
送り出された選手たちは、持ち前のポゼッションスタイルを存分に披露。
 
昇格という目標を考えると苦境に立たされつつある町田が、
 
少しリーグ戦からはメンバーを入れ替えてきたことを差し引いても、
 
大いにその“らしさ”を見せ付けてくれたのです。
 
 
 
とはいえ、町田も当然負けるわけにはいかないゲーム。
 
後半に入ると、日曜のリーグ戦から中2日というスケジュールの
 
東京23FCは足が止まり始め、町田のラッシュが続きます。
 
それでも絶体絶命とも言うべきPKのピンチも、GKの岡本翼がビッグセーブでゴールを許さず。
 
最終ラインも体を張り続け、粘って粘って終盤までスコアレスの状態を保ちます。
 
 
 
すると、西が丘が歓喜に沸いたのはアディショナルタイムの90+2分。
 
スローインの流れから田仲智紀がドリブルで相手を切り裂き、
 
上げたクロスを河村太郎が頭でプッシュ。
 
劇的な決勝ゴールで東京23FCが準決勝へと進出する権利を力強く勝ち取りました。
 
 
 
決勝アシストの田仲は浦和ユース出身。
 
同期には山田直輝や高橋峻希、阪野豊史らがいた黄金世代で、
 
中央大進学後も活躍していたものの、結果的にプロからは声がかからず、
 
社会人としてプレーすることを選択したそうです。
 
 
 
ただ、プロへと進む道を探っていた昨年末、
 
練習参加した後にギリギリまで獲得の返事を待たされた挙句、
 
結果的に断りを入れられたのが実は町田。
 
田仲自身も「今日はやってやろうかなと思っていた」と
 
自身の秘めた想いを試合後に明かしてくれました。
 
 
 
チームメイトがお揃いのポロシャツと短パンで帰途に就く中、
 
ネクタイにYシャツ姿でロッカールームから出てきた田仲。
 
聞けばこの日は内定をもらった会社の内定者会があり、そこから直接会場入りしたとのこと。
 
人生の大きな決断を下した男が、魂のアシストで引き寄せた勝利。
 
サッカーとは、そして人生とは本当にわからないものですね。
 
田仲選手の今後にも是非注目したいと思います。
 
 
130726_t
 
写真は試合後のピッチ@西が丘です。
 
 
 
サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?!)。国内外問わずサッカー全般に関する知識はハンパない、Dieguito周辺では「博士」の称号を得ている博識人。スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけでは無いはず!そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「見るサッカー」に彩りを添えちゃいます!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts