オードリー春日の影響も多少はあるのか、日本では数年前からピンクのメンズファッションが広まった。
 
アルゼンチンでも昨年から、ピンクのTシャツやポロシャツを着る男性を見かけるようになった。
 
 
 
しかし基本的に南米では、ピンクは女性の色という固定観念が強い。
 
10月の第3日曜日、アルゼンチンは母の日だったが、国内リーグの審判団は、
 
背中に大きく「母の日おめでとう」と書かれたピンク色のシャツを着用した。
 
これも、母の日だからピンクという単純な発想によるものだ。
 
したがって、ピンクを着るのは女性、男が着たらオカマ、というイメージがはびこっている。
 
 
 
昨年ベネズエラリーグである事件が起きた。
 
デポルティーボ・タチラの女性会長スアレスは、乳がんの早期発見や予防などを啓蒙する財団を支援しており、
 
アトレティコ・ベネズエラとのホームゲームでその運動を大々的にアピールしようとした。
 
財団のシンボルカラーはピンクなので、ピンク色の服を着て来た女性は入場料を無料にする。
 
そして、タチラもピンクのユニホームで試合を行うことにした。
 
 
 
しかし、これに一部のサポーターが猛反発。
 
反対の理由は、ピンクなど着たらライバルチームのサポーターが「オカマ軍団」と異名を付けるのは確実で、
 
伝統あるタチラの名を汚すわけにはいかないからだという。
 
そして実力行使でピッチに乱入し、試合を中止に追い込んだ。
 
 
 
これと同様のことが、ボカでも起きるかもしれない。
 
ボカのユニホームといえば、青をメインに黄色のラインが入ったもの。
 
サブは黄色をメインした逆色か、白メインというのが多かった。
 
しかし契約スポーツメーカーの戦略により、最近は変わった色のものも作られている。
 
そして、今シーズンはピンクになった。
 
 
 
メーカーの狙い通り、スタンドにはピンクのユニホームを着て応援するサポーターの姿が目につく。
 
しかし、ボカのパラブラバであるラ・ドセはピンクを認めない。
 
理由はタチラと同じだ。
 
 
 
アルゼンチンリーグでは、相手と色がダブらなければ常にメインのユニホームを使用できる。
 
ダブった場合は、ホームチームがサブを着用する。
 
前々節が、ボカ対セントラル戦。
 
しかし、「ピンクを着たら、試合ができないようにする」との脅迫があり、結局セントラルにサブを着てもらった。
 
 
 
しかしアンヘリッチ会長とリケルメは、「どこかアウェイのゲームでピンクを着る」と宣言し、
 
バラブラバに屈しない姿勢を示している。
 
たしかにアウェイでは、ボカのサポーターは決められた席に押し込まれるので手が出しにくい。
 
それでも、「明日の試合でピンクを着る」という情報が入ったら、移動のバスを襲撃してでも阻止するかもしれない。
 
 
DSC_0040

DSC_0267
 
 
 
ホルヘ・ミム~ラ
ラテンのフットボールを愛し、現在はDieguitoアルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。
取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企てては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。
ヘディングはダメ、左足では蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。
女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts